おとなの週末

【カリカリ?フワッフワ?】極みの『唐揚げ』を楽しめる実力店

 

全国各地に個性あふれる唐揚げ専門店がオープンしています!

世は、空前の唐揚げブーム!

カリッとした衣の食感、あふれる肉汁と旨み、思い出すだけで涎もじゅわり。

 

今回のおとなの週末では衣や部位、揚げ方にとことんこだわった

“極み”の唐揚げを堪能できる実力店を特集しています!

 


浅草『Ashi Teishoku & Diner』

豊後鶏の中津からあげ


 

大分・中津といえばご存知、唐揚げの聖地です。

浅草の『Ashi Teishoku & Diner』では

同地の人気店秘蔵のレシピをもとに、さらに改良を重ねて6年、

店主が妥協することなくこだわった唐揚げを味わえます。

 

かぶりつけば大分直送・豊後鶏のコク深い旨みが口中に広がります。

それはこのピンポン玉のような形に秘密があります。

大分産醤油でしっかりと味付けした肉を鶏皮でくるりと巻き付けて

揚げるので旨みを閉じ込めて逃さないのです。

 

さらに衣はシンプルに片栗粉のみでサックリと。

だからこそ肉そのものの味わいが引き立ちます。

 


豊洲『からあげ食堂 房総家 豊洲店』

ちょい飲みセット


 

名物『カリじゅうからあげ』は、その名の通り、

衣はカリッとした歯ざわりで中身はプリップリ。

醤油ベースのしっかりとした味付けで、ひと口いただけばついお酒がほしくなってしまいます。

 

「ちょい飲みセット」は生ビールや角ハイボールなどさまざまなドリンクから

1杯選べますが、ここは珍しい落花生の焼酎がおすすめ。

 

『サクふわからあげ』は本当にフワッフワで、お箸で簡単に切れるほど柔らかいです。

鶏肉はもちろん、味付けに使っている醤油も千葉県産。

食材一つひとつ、丁寧に作られていることを実感できるひと皿です。

 


 

からあげはお店ごとに味も、食感も、本当に違いますよね。

本誌では、そのお店ごとの違いや特徴がしっかり紹介されていて

ご自身のお好みのからあげが見つかるかもしれません。

ぜひ本誌で他のからあげもご覧ください!