週刊東洋経済

米国シアトル発のスターバックスコーヒー

名古屋発のコメダ珈琲店

 

この2つが今、国内のコーヒーチェーン店のトップの座を目指して

激しい争いをしています。

 


 

今この記事を読んでいる方は

スタバとコメダ、どちらを多く利用しますか?

 

どちらの店舗もわりと

コーヒー以外の他メニューが豊富なことがイメージにあります。

それが日本トップを争うコーヒー店の秘訣なのでしょうか。

 

 


 

スタバはレジで注文してカウンターで受け取るセルフ式、

コメダは店員が各テーブルに注文を受けに行き、商品を運ぶフルサービス式。

この全く違った形態のコーヒー店がトップに着くには

どうなっていけばいいのでしょうか。

 

現在店舗数ではスターバックスコーヒーが1400店舗を越え、

日本でトップに君臨しています。

 

コメダは女性から大きな支持を得ているメニュー「シロノワール」

コーヒー以外にも人気なメニューが多く

ファミリーでも利用しているのをよく目にします。

 

昨今はコンビニでのコーヒーも人気が高まって、

各コーヒー店がそれぞれの強みをさらに押し出していかないと

すぐに負けてしまいそうな状況で

スタバもコメダも、他のコーヒーチェーン店も

工夫を加えてトップの座を目指しています。