おとなの週末

【見ても美味しい、食べても美味しい】知っておきたい和菓子の名店

 

目に麗しい和菓子は、深呼吸と同じく心の一服。

溜息の出るような美しい上生菓子や、実力店ならではの目を見張る和菓子を紹介します。

 


【日本橋】鶴屋吉信


 

 

薄紅色のこなしが手指と竹べらの繊細な動きに合わせ、見る間に花弁へとかたどられていきます。

30年以上の経験を積む和菓子職人による手仕事を見る楽しさ、作り立ての上生菓子を味わえる贅沢さ。

特別感ある時間を堪能できるのが、218年の歴史を紡ぐ京都発祥の『京菓子 鶴屋吉信』のコレド室町3の店舗。

 

ねりきりではなく、こなしを用いるのが京菓子らしい。

厳選した小豆を丁寧に炊きあげた風味豊かな小倉あんはたまらない食感。

東京にいながら、京菓子を味わえ、少し旅気分にひたれます。

 


【吉祥寺】吉祥寺 亀屋萬年堂


 

 

明治38年の創業から一貫して店を構えず受注生産のみ。

明治神宮や靖国神社など寺院の献茶添え釜、茶事などで用いられてきた茶人のみぞ知る名店が

昨年5月から日曜日限定で一般販売を始めました。

 

茶会で重用されてきた上生菓子は繊細な意匠で伝統食が目にも鮮やか。

口に運ぶと菖蒲色や桃色のきんとんはほろりと解け、植物の香りが鼻孔をくすぐります。

 

高価なため使う店が少ないとされる、百合根を混ぜ合わせているためです。

口溶けの良さを求め、つなぎを少なくしたねりきりの口あたりも、さらりとして上品。

良質な材料を惜しげなく使い、手間もかける職人の心意気が随所に光る秀逸な和菓子揃いです。

 


 

目でも美味しく、食べても美味しい、それが和菓子ですね。

名店の和菓子はなかなか食べることが珍しいですが、こうして見ると食べにいきたくなりますね。

他の和菓子の紹介はこちらからご覧いただけます。

【I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021】

現在Fujisan.co.jpでは、定期購読のキャンペーンを行っています!

・定期購読1000円割引ギフト券

・月額払い、年間購読が最大50%割引

などなど450誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです!

キャンペーン期間は2021年5月31日まで!

お好きな雑誌をぜひ定期購読してみてください♪

キャンペーンの詳細ページはこちらから!