NHK まる得マガジン

いちごの食べ方『美味しいいちごの見分け方はありますか?』

 

いちごの旬は3月から4月頃。

もうすぐいろんないちごが登場しますが、いちごの美味しい食べ方を知っていますか?

今回は、NHK まる得マガジンのいちご特集を紹介します!

 


いちごはどこから食べる?


 

いちごでいちばん甘いのは、先端部分。

これは先端からヘタ側に向かって成熟していくため。

1粒の中に、甘みと酸味のグラデーションがあるのです。

 

なので、おすすめの食べ方は1粒をパクリと丸ごと口に入れること!

甘みと酸味をミックスで味わってこそ、いちごのおいしさが実感できます。

 

大きいいちごは横からパクリしましょう!

 


いちごをおいしく食べるには


 

 

京都にいちごのお菓子専門店をオープンし、パティシエ兼経営者、

そしていちご研究家としてメディアに出演する渡部美佳さんがいちごの解説をしています!

 

『美味しいいちごの見分け方はありますか?』

張りとつやがあって、香りのよいものがベスト。

赤みが濃いと甘みが強いというわけではありません。

つやと香りに注目しましょう。

 

またヘタがピンとしていて、ヘタのつけ根部分がくびれているいちごは

甘いことが多いそうです。

 

『いちごは洗ってもいいのでしょうか?』

いちごは傷みやすいので、食べる直前に、食べる分だけサッと洗いましょう。

いちごは表面がやわらかくてデリケートなので

たくさん触ったり、ごろごろ当たったりするとその部分から傷んできます。

保存するときもパックごと冷蔵庫の野菜室に入れて、

他の野菜とぶつからないようにしましょう。

 

『買ってきたいちごが酸っぱかった!おいしく食べる方法はありますか?』

ほんの少し、砂糖をまぶしたり、練乳をからめたりして甘味を補ってみましょう。

単純に甘くなるだけでなく、酸味とのバランスがよくなって、いちごの持ち味が引出されます。

 


 

本誌では、生のままで食べる美味しいいちごの食べ方、

つぶすだけのいちごジュース、切って盛り付けるいちごパフェなど

美味しい食べ方がたっぷり紹介されています!

こちらからご覧いただけます。