きのう”たまご”食べた?【目玉焼きをめぐる冒険】

dancyu(ダンチュウ)

たまごって偉大だなあ。

エライよなあ。

しみじみと、そう思います。

 

そう語るのは、漫画家・よしながふみさん。

男性同士のカップルの日常と料理レシピを描く『きのう何食べた?』の作者として知られています。

 

私もこの漫画大好きです!

描写がリアルで、マネして作りたくなるんですよね。

コールスローサラダのレシピはこの漫画から学びました。

 

 

そんなよしながさんが絶賛する食材、たまご

『きのう何食べた?』の主人公、シロウとケンジの食卓にも”たまご”はよく登場します。

美味しいですよね、たまご。

茹でても、焼いても、蒸しても最高に美味しいです。

 

ちなみによしながさんの特に好きな調理法は目玉焼きだといいます。

分かる~!

 

特に目玉焼きときた日には!

なんだって、あんなに完璧なのでしょうか。

真ん丸の白と真っ黄色の配色を見るだけで、すでにうれしい。

気分が上がる。

 

なんの変哲もないカレーでも目玉焼きを載せるだけでレストランみたいに豪華に見えます。

しかも1個たったの20円程度。

懐にも胃袋にも嬉しい食材です。

 

今月のdancyuの特集はそんなたまご特集!

まずはみんな大好き目玉焼きの世界をめぐってみましょう!

 


目玉焼きをめぐる冒険


結婚以来、30年にわたって私は台所に立っているのだが、料理の才能がないのかほとんど上達せず、妻に褒められるのは目玉焼きだけである。

 

というのはノンフィクション作家の髙橋秀実さんです。

目玉焼きは料理に入るかいなかと思いつつ、褒められれば嬉しく思うのは人の情。

しかしあまりに絶賛し続けられるのも、なんだか気が引ける。

他に褒めるところはないのか。

 

そんな髙橋さんが本物の名料理人に、目玉焼きの本質を取材してみました。

 

マッカーサーは二つ目玉焼きを食べたのか


ホテルニューグランドは横浜にある歴史あるホテルです。

1945年にはGHQの最高司令官、ダグラス・マッカーサーも宿泊したほど。

彼がホテルで取った食事こそが、目玉焼きなのです。

 

マッカーサー最高司令官の注文は「卵を2つ」。

しかし当時の日本は食糧難で……。

 

目玉焼きが日本の食糧難を救った?

マッカーサー最高司令官が食べた目玉焼きとは↓↓↓

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。