OZmagazine (オズマガジン)

カレー好きさん集合!

カレーが集まる東京の街を歩いて、食べて『カレーの町さんぽ』

 

この1年、コロナ禍にもかかわらず、東京だけで300弱のカレー提供店がオープンし、

自宅でもスパイスカレーから作る人が増えるなど、カレーブームの勢いが止まりません。

今回のOZmagazineでは、東京のカレーのお店をたっぷり紹介しています。

 

 

作り方が無限に広がるカレーは百皿百通り、楽しい方も好みもそれぞれ。

さまざまなカレーの世界がありますが、東京では神保町下北沢など

カレーのお店がたくさんあって有名なエリアが存在しています。

 

自由気ままにカレーの町を歩く【カレーさんぽ】をしてみませんか?

 


レストラン・バー・彼【Sta. 神田】


 

 

明治時代の旧万世橋駅の遺構を再生した『マーチエキュート神田万世橋』

この4月『Sta.神田』がオープンしました。

神泉で話題のダイニングバーの2号店ですが、多くの人が集う“Station(駅)”が店名の由来であることを思うと

かつて駅だったこの場所は運命的かもしれません。

 

アーチ型の高い天井とレンガの壁、大理石のテーブル、随所にあしらわれた植物…。

空間のすべてが洗練されている一方、

メニューは「毎日食べたい、家庭的で体にやさしい創作料理」が揃います。

 

神泉で行列を呼ぶカレーや定食のランチは神田でも健在。

2種類のカレーが週替わりで登場します。

今回の写真のカレーは、ココナッツミルクのチキンカレー

スパイシーながら辛さは控えめで、じっくり火を入れたタマネギとトマトの甘味や

ココナッツミルクのまろやかさが広がる癒しの味です。

 

たっぷり添えられた副菜で野菜が摂られるのも嬉しいところ。

疲れたときにもほっと和めるやさしいカレーです。

 


 

ただただ刺激的なだけがカレーではありません。

今回のような、やさしさを感じるカレーも、とっても素敵ですね!

 

本誌ではまだまだたっぷりのカレー店とそのお店のいちおしカレーが紹介されています!

ぜひこちらからご覧ください。