dancyu(ダンチュウ)

《パスタ・ジャポネーゼ・レシピ》

パスタでニッポンの旨味を感じる

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

たらこや納豆などと麺を和える”和風パスタ”は旨い。

『日本の素晴らしい食材をさらにパスタと融合させたら、もっと凄いものができるのではないか』

という仮説を立てたdancyuは、

東京・青山のレストラン「レフェルヴェソンス」の生江史伸シェフにこの仮説を実証してもらうことに。

 

生江シェフが考えた方向性は、

・だしの旨味

・発酵の深み

・魚醤の滋味

・海の香り

・果実の甘味と酸味

この5つから新たなパスタのレシピを作り出しました。

 

今回は『だしの旨味』をもとに作ったレシピを紹介します!

 


【だしの旨味】だしのタリオリーニ


「深い旨味とパスタがチーズのコクで調和する」

 

【材料】

タリオリーニ(できれば生麺)、塩、日本酒、うす口醤油、

E.V.オリーブオイル、パルジャミーノ・レッジャーノ、三つ葉、柚子の皮

【だし】昆布、鰹節、水

 

詳しい分量はこちらからご覧いただけます。

 

【作り方】

(1)だしの材料、塩、日本酒を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を止めてうす口醤油を加えます

(2)タリオリーニを塩(分量外)を加えた湯でゆでて器に盛ります

(3)1を注ぎ、オリーブオイルをかけ、チーズをすりおろします

(4)三つ葉、柚子の皮(飾り切り)をのせて出来上がり

 


 

青山のレストランのシェフが考えたパスタって難しいのかな…なんて思いましたが

要点をしっかり押さえれば工程は少なくて自分でもできるかも、と思えました。

 

 

本誌では、他にもこんなレシピが紹介されています!

『塩辛とじゃがいものコンキリエ』

『しょっつるバターと温泉卵のタリアテッレ』

『アオサと蟹のフェデリーニ』

『八朔のリングイネ』

 

詳しい分量や、他のパスタレシピはこちらからご覧いただけます。

記事の有効期限: 2021年6月12日 Saturday

 

【I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021】

現在Fujisan.co.jpでは、定期購読のキャンペーンを行っています!

・定期購読1000円割引ギフト券

・月額払い、年間購読が最大50%割引

などなど450誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです!

キャンペーン期間は2021年5月31日まで!

お好きな雑誌をぜひ定期購読してみてください♪

キャンペーンの詳細ページはこちらから!