NHK きょうの料理ビギナーズ

《新たまねぎの季節がやってきた》

あまーく焼いて新たまステーキ!

 

新たまねぎの旬は一般的には1年の中で春の3ヶ月程度だそうです。

秋に蒔いた種の収穫が5月・6月で、

その玉ねぎを3月・4月頃に早取りしたものが新玉ねぎとなるそうです。

 


 

新たまねぎは、通年タイプのたまねぎに比べて火の通りが早く、

短時間で中まで柔らかくなるそうです。

大きく切ってこんがり焼くステーキは、

新たまねぎの魅力を満喫できる料理の一つ…!

 

調理のポイントは火加減だそうです。

水分が多いので、弱火で焼くと水けが出てこんがり焼き上がりません。

強すぎても、中まで火が通りにくいので、中火でじっくり焼くのがポイント!

 


 

《下ごしらえ》

(1)たまねぎは薄い皮を除きます。

白い皮でも、乾燥してカサカサしていたり、汚れていたりするものは除く。

ツルリとした面が出るまで。

 

(2)上下を切り落とし、横半分に切ります。

繊維を断つことで、たまねぎの 風味が出やすくなります。

 


 

本誌では、ベーコンと玉ねぎだけのあまーいステーキの作り方を掲載しています。

新たまねぎの甘さは本当に美味しいですよね。

ぜひたまねぎ好きな方はベーコンと一緒に召し上がってみてください!