『たまねぎ』さえあれば、旨くいく!【料理の腕が上がる】

NHK きょうの料理ビギナーズ

安くて美味しい偉大なミラクル野菜、たまねぎ。

焼いても、揚げても、煮込んでも美味しい食材ですが、

料理の味の決め手にもなります。

 

しかもしかも、身体に嬉しい栄養成分が盛りだくさん!

たまねぎを制するものは、料理を制する。

なんてことわざはありませんが、それくらいたまねぎはスゴイ奴なんです。

 

本特集では、たまねぎ・新たまねぎ、それぞれの使い方と活用レシピをご紹介します◎

 


『たまねぎ』さえあれば、旨くいく


青果店が教える美味しいたまねぎ


Point 1 ずっしり重い

Point 2 下側が真ん丸

Point 3 皮につやがある

Point 4 節目が多い

Point 5 上部はキュッと窄まっている

Point 6 頭部がしっかり堅い

Point 7 皮がよく乾燥している(※新たまねぎは除く)

 

まずは美味しいたまねぎを選んで、美味しく調理しましょうね♪

 

新たまねぎってなに?


『新たまねぎの季節だ~』なんて喜んで買ったりしていますが、そもそも新たまねぎってなんだろう。

普段のモノは古たまねぎなの?

 

確かに本来はたまねぎ全般を早採りしたものや、収穫後に乾燥させないで出荷されたものを指していました。

でも現在では、甘みが強く水分が多い白たまねぎという種類を主に意味します。

保存性は低いですが、生食や炒めものにするとシャキシャキとした食感を楽しめますよ!

 

たまねぎレシピ 絶品たまドレ


料理研究家・堤人美さんが教えてくれたのは、野菜を無限に食べられる自家製たまねぎドレッシング。

撮影スタッフの間でも大評判になった絶品レシピです。

 

<材料>

・たまねぎ

・サラダ油

・酢

・練りからし(マスタードでも可)

・はちみつ

・ウスターソース

・しょうゆ

 

できたては辛みが少し強いですが、3日ほどでまろやかな味わいに変わってきます。

冷蔵庫で10日間ほど保存することができますよ!

 

詳しいレシピはチラ見で確認!

さらに、たまねぎだけで絶品カレーができるとろとろオニオンカレーのつくり方も載っています。

甘くておいしく健康にもいい『たまねぎ』で美味しい食卓をつくりましょう♪

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。