ランドネ

『山好きさんの、山ごはんレシピ』

シンプルな材料で腹持ちがいい「おもち入り梅スープ」

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

山歩きの目的を、山頂を目指すことから、歩いて食べることへ。

今回のランドネでは、3名の女性が心も体も喜ぶ山ごはんの作り方を紹介しています。

その中から、モデルのAYUMIさんの『おもち入り梅スープ』レシピをピックアップ。

 

 

AYUMIさんは2児の母であり、家族とキャンプや山歩きを楽しんでいます。

日帰りで行ける低山を歩くことが多いそうです。

「山で食べるごはんは、レトルトやインスタントなものになりがちですが、できるだけ家で食べている食事と変わらない、ナチュラルな味のごはんを用意したいと思っています」

 

今回選んだメインの食材は、おもち。

「茹でたり、煮たり、焼いたり。味付けもしょう油、きな粉、何にでも合う、万能なお助け食材です」

 

 

《使用したツール》

・焼いたり炙ったりするのに重宝している、ユニフレームのミニロースター

・軽量で持ち運びも便利な、EPIガスのチタンクッカー

・丈夫でスタックインしてコンパクトになる箸

・温もりあるhanamameの木製カップ

・夫婦で共用している、プリムスのバーナー

 

《材料》

もち、花かつお、梅干し、味噌、麹、水

 

分量はこちらからご覧いただけます。

 

《作り方》

(1)網でもちを両面こんがりと焼き色がつくまで焼きます

(2)お湯を沸かしているあいだ、器に花かつお、梅、味噌を入れます

(3)お湯が沸いたら2の器に注ぎ、味噌をよくとき、焼いたもちと麹を完成

 

網がなければ、テフロン加工されたフライパンやクッカーのふたでもちを焼いても◎!

 


 

材料はシンプルですが、腹持ちとおいしさはバツグン!

山歩きに欠かせないという果物も添えて、体も心も整う山ごはんを味わってみませんか?

 

本誌では『お手軽パエリア』、『柚子コショウの豆乳パスタ』のレシピも紹介されています。

こちらからご覧いただけます。

記事の有効期限: 2021年9月28日 Tuesday