【和・洋・中、どれにも使える】塩分控えめ・作っておきたい保存調味料

毎日が発見

発行食品や旬の食材、果物を使った保存調味料を

3名の有名料理研究家が紹介!

 

がっつり料理したくないときにも

美味しくて使える保存調味料があるととっても便利!

ちょっとしたお料理に加えるだけで、一つ上のランクのお料理に!

 

・井澤由美子さんの腸活調味料

・荻野恭子さんのゆずの保存食

・石原洋子さんの長ねぎの万能ソース

 

この3つの中から、こちらをご紹介!

 


井澤由美子さんの腸活調味料

しょうゆ麹


 

 

体の免疫力アップ、体調がよくなる発行食品。

そしてうま味たっぷりで塩分の力を借りなくても

味にメリハリがつき、料理が美味しくなるとのこと!

 

まずはしょうゆ麹を作ります!

麹(200g)は袋のままで軽く砕いてボウルにあけ

さらにポロポロになるまでほぐします。

 

そして保存容器に麹を入れ、

しょうゆ(450ml)を加えてよく混ぜ、

4、5日は暖かい場所に置き毎日スプーンでかき混ぜます!

とろみが出たら、冷蔵庫で保存!

 

きのこの混ぜご飯、湯豆腐のきのこあんかけ、きのこオムレツなど

しょうゆ麹ときのこを組み合わせるといろんなパターンで使えます!

 

しょうゆ麹ときのこを調理するレシピの詳細はこちらから…!

記事の有効期限: 2019年3月27日 Wednesday

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。