NHK きょうの料理ビギナーズ

【実は簡単!おいしい!かたまり肉レシピ】

バラ肉のうまみ凝縮『ゆで豚』

 

バラ肉は胸から腹にかけてのお肉です。

赤身と脂肪が交互に層になっているのが特徴で、『三枚肉』とも呼ばれます。

脂肪が非常に多いのでコクがあり、うまみが濃厚。

じっくり加熱すると柔らかくなり、ゆで豚や角煮でおなじみです。

 

脂肪が多い分、味がなじみにくいので、最初に塩をよくすり込むことがポイントです。

今回は簡単でおいしくできるバラ肉のうまみ凝縮ゆで豚のレシピを紹介します。

 


バラ肉のうまみ凝縮ゆで豚


 

【材料】

ゆで豚…豚バラ肉、塩、きゅうり、(A)酒・しょうが・ねぎの青いところ

ねぎ塩たれ…ねぎ、しょうが、酢、塩、ごま油

 

分量はこちらからご覧いただけます。

 

【作り方】

・下ごしらえ

(1)豚肉に塩をふって手でよくすり込み、5~10分間おきます

 

・ゆでる

(2)鍋に1、Aを入れ、水カップ4と1/2を注いで強火にかけます。

ねぎの青いところやしょうがを入れるとくせが出にくくなります

 

(3)煮立ったらアクを除きます。

厚手のペーパータオル(不織布タオル)の中央に穴を開けて落としぶたをし、弱火で30~40分間ゆでます

 

(4)火から下ろし、そのままおいて冷まします。

ゆで汁につけたまま冷ますと、しっとり仕上がります

 

・盛りつける

(5)きゅうりは斜め薄切りにします。

ねぎ塩だれはボウルに材料を順に入れて混ぜ合わせます

 

(6)ゆで豚を取り出して半分に切り、ここでは1/2量を5mm厚さに切ります。

器にきゅうりとゆで豚を盛り、ねぎ塩だれを添えてできあがり

 

保存は、清潔な保存容器に香味野菜とゆで汁ごと移し、冷蔵庫に。

3~4日間が目安です。

 


 

さっぱりとしたバラ肉に、風味のよいねぎ塩だれをかけて、

シンプルですが、とても美味しそうですね!

本誌ではさらに詳しいレシピ解説や、他にも料理の基礎や和食のレシピも掲載されています!

こちらからご覧いただけます。

 

『I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021』

いまならさらにお得。はじめよう、定期購読!

ただいま、Fujisan.co.jpでは定期購読が最大で50%OFF!

割引やプレゼント付きなど、500誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

 

キャンペーン期間:2021年9月15日~2021年11月30日

 

ぜひこちらから詳しいキャンペーン内容をご覧ください!