LEE(リー)

【辛くない、韓国料理】

コウケンテツさんの子どもと食べたい韓国ごはん

 

韓国料理研究家の母の影響で、自身も料理研究家となったコウケンテツさん。

3人のお子さんもいらっしゃるということで、

『韓国料理=辛い、赤い』というイメージだけでなく、

お子さんも美味しく食べられるやさしい味付けの料理レシピを紹介しています。

 

辛くなくて、美味しい韓国料理について、

「むしろ子どもが好きな味が多いくらいだし、しかも野菜をたくさん食べてくれるんです。ナムルなんてまさにそう。ごま油マジックです。スープなど汁気が多いメニューは子どもが食べやすいし、肉を葉っぱで巻く食べ方もみんな大好きですよね」

 

今回は、ピビンパ豚キムチチヂミのレシピを紹介いたします。

 


究極のバランス混ぜごはんで幸せ!

ピビンパ


 

 

《材料》

牛切り落とし肉、好みのナムル、温かいごはん、ごま油、卵黄、韓国ノリ

(A)にんにく、しょうがのすりおろし、しょうゆ、酒、砂糖、白いりごま

 

《作り方》

(1)牛肉はAを加えてもみ込み、フライパンにごま油を熱したところに入れて炒めます。

(2)器にごはんを盛り、(1)と好みのナムル、ちぎった韓国ノリをのせます。

中央に卵黄をのせ、好みでコチュジャンを添え、混ぜて食べます。

 

材料の中の、好みのナムルについて、

にんじん、豆もやし、ほうれん草などのナムルの作り方は本誌に掲載されています。

こちらからご覧いただけます。

 


子どもが好きなひき肉に青菜を合わせて

ひき肉小松菜チヂミ


 

 

《材料》

基本のチヂミ生地、豚ひき肉、小松菜、玉ねぎ、塩、ごま塩

 

《作り方》

(1)ひき肉は塩を振って軽くほぐします。小松菜は4~5cm長さに切り、玉ねぎは薄切りにします。

(2)ボウルに基本の生地を混ぜ合わせ、(1)を加えて混ぜます。

(3)フライパンでこんがりと焼き、器に盛り、好みで酢じょうゆ(分量外)やタレ(分量外)を添えてできあがり。

 

こちらのチヂミの焼き方は、本誌にて詳しく紹介されています。

こちらからご覧いただけます。

 


 

韓国料理は、辛くなければ子どもでもパクパク食べられて、

辛いものが好きな大人には、コチュジャン等で辛味を加えて美味しく食べられます。

韓国料理の代表的なチャプチェ、豚肉と豆もやしのスープ、野菜たっぷり豚すき焼きなども

レシピが公開されています!

ぜひご家族で韓国料理を楽しんでみてくださいね!

レシピはこちらからご覧いただけます。