料理通信

「時間が味の決め手になる」

あらゆるパティシエたちのアドバイスを元に

レシピをまるまる1冊お菓子特集で公開!

 

時間を利用した、美味しいお菓子作りをしてみませんか?

★一晩休ませる

マドレーヌやケークは仕込んだ生地を1晩休ませることで

生地が安定して焼いた時にしっかり膨らみ、

旨味が増します。

「オー・プティ・グルマン」阿部正樹シェフ

 

 

★時間はかける 作業は手早く

タルト・タタンはガス台で6〜10時間、

窯で1晩火を入れます。

生地には手の温もりを与えぬよう

素早く丁寧な作業で作ります。

「カー・ヴァンソン」石井ヴァンソン敬子シェフ

 

お菓子作りは分量を少しでも間違えると

全然違うものができるし、

焼く温度も重要だし、繊細な料理ですね。

 

私もたまにケーキを焼きますが、

このレシピたちを見たら、

もっと美味しく作れそう!と思いました。

 

簡単に取りかかれるものから、

こだわったケーキなど24ものレシピを公開中!

 

時間をかけて、心のこもった優しく美味しいお菓子を

作りましょう!

記事の有効期限: 2019年1月11日 Friday