NHKテレビ 趣味どきっ!(月曜)

基本だけどとっても美味しい『焼き餃子』を作ろう!

 

こんがりと焼けた皮からジュワッとジューシーな肉と野菜の餡。

これぞニッポンの餃子!な基本の焼き餃子をマスターしましょう!

 


餡をつくる(肉)


 

《材料》

豚バラ薄切り肉…180g

豚ロース肉(しょうが焼き用)…180g

しょうが(すりおろす)…大さじ1

紹興酒…大さじ1

ごま油…大さじ2

顆粒チキンスープの素(中華風)…小さじ1

黒こしょう(粗びき)…小さじ1

きび糖…小さじ1

塩…小さじ1

 

《作り方》

 

(1)肉を切る

豚バラ肉はまず5mm幅に切ります。

脂の多いバラ肉を合わせることでうまみとジューシーさがアップ!

ロース肉も同様に切ります。

少し厚みのあるしょうが焼き用がおすすめ。バラ肉との割合は半量ずつがベスト。

 

(2)たたく

1の豚肉を合わせ、包丁2本で細かくたたきます。滑りやすいので手元に集中します。

たたき具合は好みでOKですが、全体にクタッとなるまでたたくのが良いです。

細かくしすぎない方が肉の存在感が出ます。

 

(3)しょうがと調味料を加える

たたいた肉をボウルに入れ、おろししょうがと調味料をすべて加え、

調味料が全体になじむまで30秒間ほどもみ混ぜます。

 

(4)ねかせる

ラップをかけて、15分間ほどねかせます。

その間に野菜の準備をします。

 


 

つづきは本誌でご覧ください!

・包む→焼く

・餃子のたれバリエーション

 

他にも餡の野菜を変えたものや、お肉の種類を変えたもの、

えびと白身魚とアボカドの餃子や帆立の子ども餃子、さば缶餃子などもあります…!

おいしい餃子づくりはこちらからご覧いただけます。