NHK きょうの料理

夏野菜のとっておきおかず

『ゴーヤーと豚肉のしょうゆ炒め』

 

力強い日ざしを浴びてすくすく育った夏野菜は、色濃く、いずみずしく、栄養たっぷりです。

出盛りの今は値段が手頃なところもうれしいですね!

たくさん買っても飽きることなく、目先を変えて楽しめるとっておきのレシピをご紹介します!

 


ゴーヤーと豚肉のしょうゆ炒め


 

調味料は酒としょうゆだけ!

とっても簡単でシンプルにおいしい、料理研究家・山本麗子さんのレシピです。

 

《材料》

ゴーヤー、豚バラ肉、赤とうがらし、削り節、

サラダ油、酒、しょうゆ

 

《作り方》

(1)ゴーヤーは縦半分に切ってワタを除き、7mmから8mm厚さに切ります。

豚肉は食べやすい大きさに切ります。

※ゴーヤーは薄すぎず、厚すぎず、炒めてもシャキッと食感の残る半月切りに。

 

(2)フライパンにサラダ油大さじ1と赤とうがらしを中火で熱し、

香りが出たら豚肉を炒めます。焼き色がついたらゴーヤーを加えて

酒大さじ1をふり、削り節の半量をふって炒めます。

 

(3)ゴーヤーに軽く火が通ったら、しょうゆ大さじ1/2と残りの削り節を全体にふり、

サッと炒め合わせます。

※ゴーヤーは炒めすぎに注意。削り節の半量は仕上げにふって風味を際立たせます。

 


 

夏といえばやっぱりゴーヤー!

苦味が苦手な人や、お子さんのいるご家庭は、ゴーヤーの苦味を少なくしてから調理もオススメ。

 

《ゴーヤー苦味をとる方法》

炒める前に、鍋にお湯を入れて加熱し、沸騰したらゴーヤを入れて1~2分ゆでます。

氷水に取り、粗熱が取れたらザルに上げます。

これが一番苦味が少なくなる気がしますが、塩だけでで苦味を和らげる方法に、

ボウルにゴーヤと塩を入れてよくもみ込み、10分ほど置きます。

ザルに上げ、水気を切るという方法もあります。

 


 

詳しい分量や調理方法はこちらからご覧いただけます!

夏野菜をふんだんに楽しみましょう!