料理通信

“少ないモノで豊かに暮らす”

プロも愛用・本当に役立つキッチン道具術!

 

調理器具って、たくさんあれば損はないけど、

その道具をしっかり使えているか、十分に使っているかと考えてみると

あまり使わないものもあるのではないでしょうか。

 

用途が少ない物を多く持つより、

たくさん使えて、幅広く調理できるアイテムが1つあれば

キッチンもすっきりして、調理器具にも愛着が湧きます。

 

今回ご紹介するのは、「炊く、蒸す、煮る」を実現する電鍋(ディエングォ)

 

電鍋(ディエングォ)

台湾の家庭には必ず1台ある、日本の炊飯器が台湾風に開発されたもの!

炊飯はもちろん、蒸し物や煮物が簡単にできるので

おかず作りにも大活躍!

 

料理研究家の口尾麻美さんも、

「材料を入れてスイッチを下げれば後は放置して他の作業に専念できるので

日々の調理がグンと楽になりますよ」

とコメント。

 

本誌では、以下の調理法でできるレシピも公開!

[炊く]イカの洋風炊き込み御飯

[蒸す]豆腐とひき肉の蒸しハンバーグ

[煮る]鶏骨付き肉と高菜のスープ

 

 

日本では、なかなかお店では見かけないですが、

通販サイトで手に入るみたいです!

 

ちょっと手の込んだような料理も、

実はスイッチひとつでできちゃって、鼻が高くなっちゃいますね!(笑)

 

ホーロー容器や、土鍋の便利性やレシピも公開中!

記事の有効期限: 2019年2月12日 Tuesday