週刊女性セブン

食欲がなくてもペロリ!

夏の巻き寿司レシピと巻き簀の使い方解説

 

残暑の中、食欲がないけれど何か食べなければ…と思いつつも体が重いですよね。

もし、お家に焼き海苔とお酢とご飯と、少しの材料があれば

それだけで美味しい巻き寿司ができますよ!

 

今回は彩り豊かでついつい手が伸びてしまう巻き寿司のレシピをご紹介!

巻き寿司はひと工夫することで、痛みにくくなります。

レシピの紹介は、料理研究家の武蔵裕子さんです。

 

 

《材料》

温かいご飯…200g、卵1個、サラダ油、しいたけ…2枚、

にんじん…1/2本、うなぎ…1/2尾分、きゅうり…1本、焼きのり(全形)…1枚

(A)酢…大さじ1、砂糖…小さじ1、塩…少々

(B)砂糖…小さじ1/2、塩…少々

(C)水…1/3カップ、砂糖…小さじ1、しょうゆ…大さじ1/2

(D)砂糖…小さじ1、酢…大さじ1/2

 

《作り方》

(1)大きめのボウルにご飯と合わせたAを入れて混ぜ、酢飯を作ります。

 

(2)別のボウルに卵を割りほぐし、Bを加えて混ぜます。

卵焼き機にサラダ油を熱し、キッチンペーパーでさっとふいてから卵液を一気に流し入れます。

全体に広げたら、向こう側から手前に少しずつ巻いてきます。

すぐに取り出し、キッチンペーパーに包んで棒状に成形します。

 

(3)しいたけは軸をとって薄切りにし、Cとともに鍋に入れ、中火で3分ほど煮たら、冷ましておきます。

にんじんは斜め薄切りにしてから千切りにしてさっとゆで、熱いうちにDを合わせた液に漬けます。

うなぎは縦半分に切って電子レンジで40秒ほど加熱し、付属のたれをからめておきます。

きゅうりは8等分に縦割りにします(うち2本を使います)。

 

(4)巻き簀にのりをおいて(1)を広げます。

手前から3cmほどのところにうなぎを皮を上にしてのせ、その上に卵焼きをのせ、奥ににんじん、しいたけ、きゅうりの順に並べて巻きます。

両側からはみ出した具は手で押し込み、形を整えます。

10分から15分おいて、なじんだら等分に切って出来上がり!

 


 

うなぎは家にはたまたまあるものではないですが、

元気が出る食材としてはうってつけですね!

他にも、カルビ塩巻きや、小海老天巻き、まぐろアボカド巻きまで紹介されています。

そして巻き簀の使い方もしっかりと解説されているので

今まで巻き寿司を作ったことがない方でも簡単に作れそうです!

 

こちらからレシピの詳細をご覧ください!