料理王国

世界中で予約待ちが6000人!店を持たない料理人、ジョナ・レイダー

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

予約の取れない人気店は、マンションの一室?

シェフが自宅にゲストを招く『ディナークラブ』『サバークラブ』

以前からニューヨークの食のシーンを賑わせてきました。

 

その魅力は偶然隣り合ったゲストとの一期一会を楽しみながら

シェフの演出で料理をいただくというソーシャルかつパーソナルな体験です。

 

 

このジャンルに伝説を打ち立てたのが、ジョナ・レイダーさんです。

2015年、コロンビア大学在学中に寮の部屋で始めたディナークラブ『Pith』の評判がメディアの知るところとなり、

経済学専攻の若者が作るコース料理にウェイティングリストが4000人にもなったのです。

エコノミストを目指していたレイダーさんでしたが、卒業後はゲストシェフのオファーが世界から殺到

2017年、2019年と日本でも『Pith』を開催し話題を集めました。

 

現在はコラムニストとしてフード雑誌に寄稿するほか、CBDを配合した食品を販売する『Alto Essentials』も立ち上げました。

さらには日本でエキサイティングなプロジェクトも進行中というから、活躍の幅は広がっています。

 

もちろん、今でも『Pith』は健在。

「至高の料理とは、レストランではなく家で食べるもの」を信条に、マンハッタンの高層アパートで定員6名のゲストを迎えています。

 

「教師に写真家、政治家、セレブリティ、年齢や職業も異なる人たちがテーブルを囲んでいます」

とジョナさんは語ります。

 

メニューは夜毎変わり、『ヒラメのクルドとモリーユ茸のビネグレット』

『メキシカンチリ風味のキャロット&ヘーゼルナッツ』といった皿が登場します。

料理学校や名店で修行を積んだ正統派シェフではないですが、

“Do-It-Yourself”で料理に挑戦する楽しさを広めることがジョナさんのゴールだそうです。

 

「この夢を生業として取り組めるなんて、本当にラッキーですよね」

 


 

 

本誌では、ジョナさんが日本各地で開催した『Pith』についてのレポートも掲載されています。

こちらからご覧いただけます。

記事の有効期限: 2021年1月24日 Monday

 

『I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021』

いまならさらにお得。はじめよう、定期購読!

ただいま、Fujisan.co.jpでは定期購読が最大で50%OFF!

割引やプレゼント付きなど、500誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

 

キャンペーン期間:2021年9月15日~2021年11月30日

 

ぜひこちらから詳しいキャンペーン内容をご覧ください!