dancyu(ダンチュウ)

東京の心を揺さぶる感動ハンバーガー!

『No.18』のパティはほぐれるステーキをイメージ

 

ハンバーガーって本当に美味しいですよね。

私も大好きで東京のハンバーガーを週末にめぐっていました。

東京には本当にたくさんのハンバーガーのお店があるんです。

 

今回はdancyuが選ぶ、東京の美味しい感動ハンバーガーを紹介します!

 


No.18/ 池袋


池袋にある『No.18』(ナンバージュウハチ)。

 

No.18のアボカドチーズバーガーは、バランスが秀逸な美的バーガー。

ほんのり甘いバンズは「峰屋」の特注品です。

チーズを纏ったパティの骨太な旨味を受け止め、味わいを膨らませます。

極薄のアボカドはパティになじみ、まろやかなソースにも。

 

店主の長谷川敬洋さんはこう話します。

「僕がつくりたかったのは、今までにないハンバーガー。パティはゴロッと肉感が残る“ほぐれるステーキ”をイメージしています」

 

そのために塊肉を仕入れ、ハンドチョップをしています。

何も加えずにまとめるので”肉”としての存在感が鮮烈です。

赤身の旨味が力強いUSビーフの肩ロース肉を使用。

筋を取り除き、部位ごと粗みじん、スライスなどに切り分けて食感に変化を出します。

 

 

焼き加減にムラが出ないよう、あえてフライパンを使用し、

パティを置いてから強火にかけ、香ばしさを出しています。

焼いたパティは保温しながら肉汁を落ち着かせます。

パティへのこだわりが伝わってきます。

 

食べるのがもったいないくらいバランスの素晴らしいバーガーですが

パティのこだわりも思いっきり味わいたいですね!

 


 

 

本誌では四谷の『CRUZ BURGERS』や他にもおすすめなバーガー店を紹介しています!

こちらからご覧いただけます。