コロナで儲かったビジネス「特需『儲』の真相」

  • 更新日

SPA!(スパ)

コロナで儲かったビジネス「特需『儲』の真相」

  #新型コロナウイルス の影響でホテルや飲食店などを中心に、 軒並みコロナ不況に陥っているなか意外な職業が利益を出していました。 SPA!では、今儲かっている・需要のある職業が紹介されています。  
結婚専門カメラマン コロナで「前撮り」ブーム到来
  スタジオや店舗内で商品やモデルを撮るカメラマンの多くはコロナ自粛になるなか 活況を呈しているのは結婚式の前撮りを請け負うカメラマン。   宮路弘大さん(仮名・26歳)は休日返上の忙しさだそうです。 「僕の会社はスタジオではなく銀杏並木や東京駅の丸の内広場などのいわゆる『映える』ロケーションでカップルを撮ります。コロナで結婚式は自粛になったけど、せめてきれいな写真を残しておきたいという需要が高まっています。9、10月は例年だと閑散期ですが、今年は一番の繁忙状態です」   1日で3現場をハシゴすることもあるそうで、早朝4時に出かけて各現場で撮影し 帰社後は写真の色み調整の作業。 カップルとの打ち合わせやメールのやり取りなどの事務作業もあり 帰宅が深夜に及ぶのはザラだそうです。  
  複数の現場を回ると体力的には相当キツいとのこと。 仕事やお金については心配がなくても体調を崩さないようにしてほしいですね。 コロナ収束後についてどう考えているのでしょうか。   「写真に個性が出せるカメラマンは生き残れるはず。今でもお客さんから『あなたの写真がいい。撮ってほしい』と指名を受けることもありますから。腕を磨きながらがむしゃらに働くしかないですね」  
  他にもコロナで普段より儲かっているビジネスはこちらで掲載されています。 こちらからお読みいただけます。 ]]>