Tarzan(ターザン)

《キング・オブ・筋トレ》スクワットが最強な8つの理由

 

理想のボディに近づきたい、スポーツのパフォーマンスを上げたい、健康になりたい…。

さまざまな願いを一挙に叶えるスーパーエクササイズが、スクワット。

 

トレーナーも医師も、アスリートもボディビルダーも

こぞって薦める理由は、道具不要で自宅で手軽にできるのに、御利益満載だから!

 

今回は、スクワットを特集しているTarzanからスクワット特集をピックアップします。

 


スクワットが最強な8つの理由


 

しゃがんで立ち上がる。

人間のごく自然な動きに基づくトレーニングは、単純なようで実に奥深いもの。

2人のエキスパートの言葉からスクワットが王者の理由を明らかにします。

 

(1)誰もが納得の足腰が手に入る

現役ボディビルダーでもある日本体育大学の岡田隆准教授は、

スクワットの魅力をトレーニー目線で語ります。

「太腿前側の大腿四頭筋、太腿後ろ側のハムストリングス、お尻の大臀筋といった下半身の筋肉量を増やし、偏りなく良く発達させるためには、入念なプランニングが求められます。スクワットが正しくこなせていれば、足腰の筋肉は自然に均等の取れたフォルムへと近づきやすくなります

 

(2)人生100年時代で大切な移動能力がアップする

筑波大学人間総合科学学術院の久野譜也教授はこう話します。

「大腰筋は人生100年時代の健康寿命を伸ばすために欠かせない”移動能力”を保つ上で、キーとなる筋肉なのです」

 

大腰筋は背骨(腰椎)と、脚の大腿骨を結ぶ筋肉。

骨格に近いインナーマッスル(深層筋)です。

 

「大腰筋は基礎となる歩行サイクルを担い、脚を後ろから前へ動かす瞬間に働きます。大腰筋が衰えると歩幅が狭くなり、爪先が下がって段差でつまずきやすくなり、移動能力が落ちるのです

 

移動能力が落ちると日々の買い物や旅行なども楽しめず、生活の質が下がってしまいます。

スクワットで自立した生活が送れる健康寿命を延ばしましょう!

 

(3)辛い腰痛、肩こりをリセット

日本人の有訴率(症状を訴える割合)は男性の1位が腰痛で2位が肩こり、

女性の1位が肩こりで2位が腰痛。

スクワットはこの腰痛と肩こりという悩ましい日本人の国民病から

私たちを救うパワーを秘めています。

 

慢性的な腰痛の一因は、体幹の筋肉不足からだそうです。

腹筋や背筋といった体幹の筋肉を鍛えて自前のコルセットを作り上げると

腹圧が高まり、腰に加わるストレスが減るため腰痛リスクは下げられます。

 

大腰筋が弱くて腰が丸まると、連鎖的に背中も丸まりやすくなり、

猫背から肩こりが起こります。

大腰筋を鍛えると、肩こりも軽くなりやすいのです。

 


 

本当に、スクワットはいいことづくしですね。

今回紹介しきれなかった残り5つの理由は本誌でお読みいただけます!

 

そして、フルスクワットの身に付け方や、4週間でどれだけ変わるかの実践ルポなど

スクワット特集が盛り沢山です!

こちらからご覧いただけます。