AERA

長時間練習が結果につながるとは限らない!

羽生結弦はジャンプを最大公約数で考える!?

 

平昌五輪での前人未到の2連覇を成し遂げ国民栄誉賞を受賞した

フィギュアスケーター・羽生結弦(23)

 

メディアや取材などで自分とその結果に対する厳しいコメントで知られる

”鉄メンタル”羽生結弦選手。

 

そんなプロアスリートにつきものの、

ケガやスランプと向き合いながらベストパフォーマンスにつなげる

哲学を、雑誌AERAが大特集!

 

世界と戦い、自分の満足のいく状態を維持するため

プロスケーター・羽生結弦が辞めたこと、、、、

それはまさかの

練習!?

 

えー!一体どういうことなのーーー!

(サラリーマンフジ子にだってスゴイ刺さる内容だったよ!)

結弦を支える仰天の論理的方法はコチラ・・・!

 

 

 

記事の有効期限: 2018年9月22日 Saturday