BOXING BEAT(ボクシング・ビート)

「ゴロフキンを目指したい。」

難関中の難関といわれるボクシング・ミドル級で初防衛に成功した

2012年ロンドン五輪金メダリスト、

世界ボクシング協会(WBA)ミドル級チャンピオンの村田諒太

勢いあふれるレポートが早くも雑誌ボクシングビートに届きました~!!

ヒャー!この一発、すごい写真です!

 

4月15日、1万1千人が集まった横浜アリーナで行われたこの試合、

日本時間は日曜プライムタイムの中継もされ

見ていた方も多かったのではないでしょうか!!

(フジ子も観てましたよ!)

この日、あの悲痛なオーバーウェイト”比嘉事件”の

ダブル世界タイトルマッチとあって大きな注目が集まりましたが

世界の村田!やってくれました!!

ブランダムラのガード間に合わなかったこの瞬間、ばっちりとらえた一瞬。

 

そしてファンをわかせたのがなんといっても

「ゴロフスキン」発言!

 

一瞬強そうなロシア戦艦の名のように聞こえますが

念のため、村田諒太選手が言ったゴロフスキンとは

未だノックアウト負けしたことがなく

” ミドル級史上最強王者 “と言われる

ロシア系カザフスタンのプロボクサー、

ゲンナジー・ゴロフキン(34歳)のことを指しており、

32歳の村田選手とほぼ同年齢で相手にプレッシャーをかけるスタイルが有名です。

年内に試合が行われるかと噂されるこのタイトルマッチ、実現するのか?!

そしてあの俳優・香川照之のウザすぎて逆に楽しい解説がまた聞けるのか!?

日本人として初の防衛の偉業を成し遂げたこの村田諒太選手、

ますます期待が高まるばかり!!!

村田諒太、パンチャーの一撃!