週刊朝日

世界フィギュアスケート選手権大会が2019年3月20日~3月24日にさいたまスーパーアリーナで開催されます。

これは実に5年ぶりのこと。

日本のメダル獲得は男女ともに濃厚です。

 

フィギュアスケートを120%楽しむための見どころを大研究しました!

 


世界選手権を120%楽しむ


観覧券は発売早々、すでにプレミア化しています。

なんと男子シングルフリーがある23日のチケットは最高35万5千円

まず生で見るハードルが高い(汗)。

 

男子の日本代表選手は、羽生弓弦、宇野昌磨、田中刑事

女子は宮原知子、紀平梨花、坂本花織です。

 

ちなみに雑誌独自のアンケートによると世界選手権で一番期待されている選手は、ダントツで羽生弓選手

海外からの注目度も高い羽生さんは昨年11月の公式練習中に右足首を負傷。

心配の声が高まる中、ファンはけがからの復活Vを望んでいます。

 

しかし解説者の佐野稔さんは、国際大会は一筋縄ではいかないと指摘。

例えば、選手は2月の四大陸選手権で優勝し「シルバーコレクター」の汚名を返上しました。

また米国のネーサン・チェン選手も複数の4回転ジャンプを武器に、全米選手権では参考記録ながら今季世界最高得点を叩き出しました。

男子プログロムでは、この3人から一瞬たりとも目が離せませんね。

 

 

女子の注目度No.1は紀平梨花選手です。

女子シングルは日本とロシアでの表彰台争いが苛烈に。

ロシアはジュニア選手にも期待が高まっていますが、代表争いを勝ち抜いてきたシニア選手にも注目したいところ。

 

紀平さんが一番優勝に近いでしょう。

なにせ、国際大会負けなしですから

(佐野さん)

 

プロフィギュアスケーターの村上佳菜子選手は勝利の鍵はメンタルだと分析します。

紀平選手は今季、初戦で優勝したことで自信がつきいい結果につながっているとのこと。

このまま強いメンタルを維持できれば、世界選手権での優勝も夢ではない!

 

アンケートで紀平選手と表を分けたのは宮原選手

真面目な性格で努力を続ける人間性が人々の人気を集めています。

坂本選手のダイナミックな演技も光りますし、誰が優勝してもおかしくない状況!

 

歴史に残る演技に期待しましょう!