バナナマン日村・ウォーキングのひむ太郎に学ぶ『歩活の極意』

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

プライベートでもウォーキングが日課というバナナマン・日村勇紀さん。

それが高じて昨年からレギュラー番組『バナナマン日村が歩く!ウォーキングのひむ太郎』がスタート。

ひむ太郎こと、日村さんが毎回5km以上の道のりをがっつり歩くウォーキング番組

人との出会いではなく、街での「発見」に重きを置くため、見ている側に一人歩きの気分を味わえます。

 

今回は日村さんのウォーキング話を交えつつ、歩活の魅力についてピックアップ!

 

歩き以外の要素を取り込み、ゴールを決めて楽しむ

 

 

日村さんの歩活歴はおよそ5年。

始めたきっかけは2つの出来事でした。

 

テレビ番組でツッチー(土田晃之さん)と歩いて楽しさに目覚めたこと。もう1つは奥さんとのNY旅行。彼女がとにかく歩く人で、タクシーや地下鉄を全く使わない。当時の僕は運動不足で、『しっかり歩けるようにならないと、今後一緒に旅行できない』と思って」

 

日村さんは歩く時のペースが速く、意識して歩かないと一緒に歩くのが困難。

 

続けられているのは、歩きの中に通勤的な要素を取り込んでいるから。例えばその日最初の仕事先が六本木のTV局だったら、そこから1時間ほどの場所まで電車やタクシーで行って、歩いて局へ向かう。それが距離的にも体力的にもちょうどいいんですね」

 

さらに、途中で楽しみを発見することも欠かせない要素だと話します。

 

「NY旅行がきっかけなので、『この角度から見るとNYっぽい』という景色を探しながら歩くのが好きですね。あとはタレントさんの宣伝看板探し。中でもお気に入りは渡部美奈代さん看板!都内にたくさんあるんですが、それぞれ表情が違っているので、発見するたびに感動します」

 

ひむ太郎流・歩活を楽しむ3か条

 

(1)何か目的を決めて歩こう

(2)歩く目線での発見を楽しもう

(3)ウェアにもこだわればギアもUP!

 

本誌では、日村さんが最近おすすめのウォーキングコースや、コーディネートなども紹介されています!

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2022

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

『DIME(ダイム)』に関心のあるお客様へおすすめの『ライフスタイル誌』はコチラにあります!

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!