MyAge(マイエイジ)

《あなたの身長に合う机の高さ計算方法》

座りすぎ時代のセルフケア

 

在宅ワークをする人が増え、これまで以上に“座りすぎ”問題がクローズアップされています。

日本の住宅は狭いことが多く、職場と同じように過ごしているつもりでも

立ち上がって歩く距離は思った以上に短く、体を動かす時間がありません。

 

座りっぱなしだと、腰痛や肩こりなど直接感じるつらさがありますが、

実はさらに大きな健康被害が待ち受けていると話すのが

早稲田大学スポーツ科学学術院教授の岡浩一郎先生。

岡先生は”座りすぎ”研究の第一人者。

 

座っている状態は、寝転んでいるのとあまり変わらないほど筋肉を使わない状態で

その時間が長くなるほど全身が衰えてしまいます。

 

「座り過ぎの健康リスクについては世界中で研究が進んでいて、肥満や糖尿病など、メタボリックシンドロームに直結することがわかっています。その先には心疾患、脳卒中、がん…さらには寿命が短くなるという科学的データも出てきているんです」

 

病気や、寿命を短くしないために、今からできることは

デスクや椅子などの作業環境を見直すことも大事です。

そして座る姿勢も大切!

 

座りすぎトラブルを回避する3つのポイントを紹介します!

(1)30分に1回は立って動く

(2)座るなら正しい姿勢で

(3)椅子と机は正しい高さに

 

3つ目の椅子と机の高さは、座面に奥まで座って、足裏全体が床につくのが鉄則です。

机の高さは椅子に合わせて決めますが、座面から机までの高さである「差尺」を適切にとることがポイント。

 

【椅子と机の最適な高さ】は次の計算で求めることができます。

座面の高さ=身長÷4

適切な差尺(座面から机まで)=身長÷6

机の高さ=座面の高さ+差尺

 

身長158cmの方は、

座面の高さ=39.5cm

適切な差尺=26.3cm

机の高さ=65.8cm

 

想像するよりも結構低いそうなので、

ぜひご自身の身長に合う高さを調べてみてはいかがでしょうか。

 

本誌では正しい姿勢・悪い姿勢、さまざまな「座りすぎ」解消法を紹介しています。

こちらからお読みいただけます。