週刊女性セブン

《おうち時間活用で人生を変える》

取得後すぐに仕事につながる資格

 

コロナ禍による自粛生活が長引く中、自宅にいる時間を利用して

資格取得の勉強や趣味のための通信講座に勤しむ人が増えています。

そんな中、必要とされる資格や人気の講座がこれまでと変わってきているといいます。

 

今回は注目の資格を紹介します。

キャリアカウンセラーの藤井佐和子さんは、

「資格を取得することで仕事につなげたい場合は、未経験でもすぐに就職できるほど、その資格の需要が高いかどうか、住んでいる地域の求人情報などをリサーチする必要があります」

と話します。

 

まずは自分の得意不得意の中から得意なジャンルを選び、

その職業が住んでいる地域で求人されているか、

未経験でも可能なのかなどをチェックするのがコツですね。

 


これから役立つのはIT系の資格


 

アフターコロナにおいて、仕事に直結すると注目されている資格は何があるのでしょうか。

 

資格取得アドバイザーの中村一樹さんによると

「ずばりIT系の資格です。ワードやエクセルなど、ある程度パソコンを使い慣れている人ならまず、プログラミングなどITの基礎知識を証明できる『基本情報技術者試験』に合格すると、就職に有利になります」

とのこと。

 

ウェブサイトの制作やデザインをするウェブデザイナーや、

インターネットショップの立ち上げに役立つ「ネットショップ検定」なども注目度があがっています。

 

「ウェブ業界は現状、男性が多いので、女性目線での提案ができるという点でも今後必要とされると思います」

 


取得後すぐに仕事につながる資格


 

 

専門家がイチオシする、取得後すぐに仕事につながる資格が紹介されています。

慢性的な人手不足で、その資格さえあれば未経験でもすぐに働けるのは

介護と保育業界だそうです。

 

同じく需要が高い『登録販売者』は自宅で独学ができ、

生活に身近な薬がテーマになるため主婦にもおすすめです。

 

『登録販売者』難易度★★☆

ドラッグストアで一般用医薬品を買い求める客の状況を観察、ヒアリングしたうえで、

情報提供や相談対応、販売などを行います。

 

『介護職員初任者研修』難易度★☆☆

以前の『訪問介護員(ホームヘルパー2級)』に該当する、介護の基礎知識を得られる研修。

介護業界で働くなら受講が必須。

ここからステップアップしていくケースが多い。

 

『保育士』難易度★★☆

保育所をはじめ、児童養護施設などで乳幼児の世話を行うために必要な資格。

保育所はいま深刻な人手不足のため、有資格者は就職しやすい。

ただし、学歴などの受験資格が必要。

 


 

いくつかの資格を紹介しましたが、本誌では他の資格も紹介されています。

資格取得して、仕事に活かしたい方はぜひこちらからご覧ください。

【I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021】

現在Fujisan.co.jpでは、定期購読のキャンペーンを行っています!

・定期購読1000円割引ギフト券

・月額払い、年間購読が最大50%割引

などなど450誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです!

キャンペーン期間は2021年5月31日まで!

お好きな雑誌をぜひ定期購読してみてください♪

キャンペーンの詳細ページはこちらから!