SPA!(スパ)

《年収200万円で楽しく暮らす》

社会人の4割から5割が年収200万円台以下に

 

コロナショックによりリーマンショック以上の経済危機が叫ばれるなか、

年収200万円台で暮らすのが当たり前の社会が到来しようとしています。

 

格差社会を専門とする社会学者の橋本健二氏によると

「アフターコロナでは正規労働者階級や旧中間階級がアンダークラスへと転落する」

と言います。

 

「バブル崩壊後の金融危機によるフリーター増加、リーマンショック後の”派遣村”に省庁されるように、経済危機によって『非正規労働者の増加』と『正社員採用の引き締め=就職氷河期』が起こるのは歴史が証明しています。今回のコロナショックはリーマンショックを超えるとも言われていますから格差拡大は防ぎようがない」

 

そして今後、『団塊世代の引退』といった雇用促進の誘因や景気回復の見込みがなく

『非正規化』や『就職氷河期』が永続化する可能性もあるそうです。

そうなると全世代において4割以上が年収200万円台、

およびそれ以下となる未来が現実化してきます。

 


 

海外に比べて日本の雇用は守られていますが、

それでも組織再編や統廃合によるリストラ、

非正規に限りなく近い労働条件にするなどもできるそうです。

さらにAI化による、数年内には前業務の半分以上がマックジョブ、

つまり低賃金の単純労働になると言われています。

 

こんな未来に不安を抱くことしかできませんが

社会学者の橋本健二氏と経営戦略コンサルタントの鈴木貴博氏が

これからの年収200万円台での生活スタイルの解説や

編集部による幸せな人生を送る人々に密着しています。

アフターコロナのニューノーマルとなる生き方をいち早く学んでいきましょう。