週刊ポスト

《日本一の避暑地・軽井沢》

ITワーカーが大量流入して変わる街の姿

 

1886年(明治19)年、はじめてこの地を訪れた宣教師アレキサンダー・クロフト・ショーが

住みやすい街にするために

「時間と約束を守ること、ウソそ言わぬこと、生活を簡素にすること」と呼びかけ、

以来135年、誰もが憧れる避暑地として名を成してきた軽井沢に新たな変化が起きています。

 

軽井沢の地価は前年比10%上昇し、20年度に県外から移住してきた人の数は約1000人に登ります。

軽井沢の不動産業者によると

「コロナ以降、『すぐに住みたい』と中古の別荘や建売を求めるお客様が増えました。先日も、完成直後の建売物件にすぐ商談依頼が入りました」

と言います。

 

 


 

ここにきてなぜ人気を呼んでいるかというと、テレワークに最適な軽井沢の環境にあります。

22年前から東京と軽井沢の2拠点生活を続けている、信州大学特任教授の鈴木幹一教授は

「実は、軽井沢にはテレワークの文化を育んできた歴史的背景があります」と語ります。

 

明治時代から軽井沢は、財政会の幹部らの懇談の舞台となってきました。

人が交わり議論を重ねることは、リゾート地でのテレワークの原点となり、

大正、昭和には別荘文化として進化しました。

 

以前の軽井沢といえば、移住するのはリタイアシニアがほとんどでした。

ところが7~8年前から、ITベンチャーの若者たちの姿が見られるように。

2年ほど前から、県外の人も使用できるワークスペースが充実し、働く環境が整っていきました。

 

20年前に開業された『TWIN-LINE HOTEL KARUIZAWA JAPAN』では

緑の中でクリエイティブに働くことができます。

1階のレストランはコンセントやWi-Fiを完備しており、

館内はグラフィックアートが配されるなどデザイン性も高く、

アーティストやノマドワーカーなどクリエイティブシーンで活躍する若者を中心に人気が高いです。

 

コロナ禍で老舗リゾートホテルが打ち出した新機軸『軽井沢プリンスホテル ウエスト』

スキー場やショッピングプラザなど既存のリゾート施設に加え、

コワーキングルームやバンケットテラス、ワーケーションに最適なテラス付き客室を新設しました。

リゾートワーケーションの拠点として個人から家族連れまで、幅広いニーズに対応しています。

 


 

 

軽井沢には、世界のセレブたちも構える別荘があります。

ビル・ゲイツ氏の別荘は千ヶ滝西区の尾根を削り取った約6600坪の敷地に建っています。

地下3階まであるともいわれ、広い上に要塞のような別荘ですね。

 

本誌では、セレブの別荘や、老舗の名店から気鋭の新店などの注目スポット、

実際の物件情報なども掲載されています。

こちらからお読みいただけます。