AERA(アエラ)

令和元年を”ダブルワーク元年”に。

「2枚目の名刺」が仕事を自由にする

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

ダブルワークはもはや珍しくはないこと。

副業を認める企業も増えつつあり、これからは自由に働く環境を選ぶ時代。

 


 

会社経営と地方IT導入の2つの仕事をしている

猪尾愛隆さん(41)。

 

かつて一つの仕事をしていたときに、

業績が上がらず役員降格し、家族のことやローンなどを考えると

仕事も大きなことに挑戦できず、上司の目を気にしてばかりいたそう。

 

その後退職し、起業したそうです。

副業でも週1日働くと2〜3万円ほど稼げるそうで

月に4日働けば10万円を超える。

 

本業を週5日で働きつつ、副業で少し多く収入があることで

安定して生活ができるとのこと。

 


 

 

本誌にかかれていた副業するなら気をつけたいお金のこと。

自営ではなく、雇用されていて本業の会社に

副業が許可されているか、

もしくは秘密でやっているかで置かれる立場は違うが

お金に関してはちゃんと気をつけていきたい。

 

本誌では法律のことや、他職業のパターンも掲載中!

しっかり勉強して、副業の参考にしていきたい。

記事の有効期限: 2019年7月12日 Friday