WIRED(ワイアード)

「2048年、お金は消滅する」

6つのキーワードで理解する未来社会

 

早くよりデジタル通貨やブロックチェーンに着目し、

分散ファイナンスを含む未来の経済社会の在り方を研究している

斉藤賢爾氏は貨幣経済の衰退と、

その先に生まれる「ニューエコノミー」を夢想しています。

 

いずれ貨幣はなくなり、すべてのものが無料になり、

働かなくてもよくなる…?

そんな未来が訪れたら私たちはどう生きていくのでしょうか。

 

6つのキーワードによって見えてくる未来社会についての記事です。

 


 

 

「潤沢さ」に根ざすエコノミー

 

2048年には潤沢さに根ざした社会がやってくるそう。

太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーにより

電力は潤沢となる、というのは文明論者ジェレミー・リフキン。

 

モノやサービスがタダに近づいていき、

3Dプリンターであらゆるモノを製造できるようになり、

大規模な公開オンライン講座で教育もタダに…。

シェアリングエコノミーの浸透もそのひとつ。

 

その影響からさまざまな仕事が消滅しますが、

同時に生活にかかるコストは下がり、

お金はあまり必要とされなくなる…とのこと。

 

その中でもすでに現在それが根付き始めているサービスがあるそう。

それは「メルカリ」。

 

同じ服がなんども流通されれば、

その財を享受できる人の数は増えていく…

潤沢にモノがあるかのような錯覚をもたらすプラットフォームだといいます。

 

約30年後の2048年には貨幣がなくなり、

仕事もなくなっているのでしょうか?

 

気になる5つのキーワードはこちらからお読みいただけます。