ソトコト

流行やマーケティングを優先するデザインではなく

地域に残っていくものをつくる

 

福島のクリエイティブディレクター・佐藤哲也さんは

2011年に「Helvetica Desigh」を設立しました。

 

設立当時は、”福島でも東京のデザインのお仕事をする!”という

意気込みでいたそうですが、

大震災の後、考えが変わったそう。

 

「流行やマーケティングより、地域に残っていくものをつくる」

 

そうしてHelvetica Desighではジャムや蒟蒻、

スモークいわな、ラー油、たばこ煎餅など

食べ物を中心にデザインをし、お土産として贈りたい、

そして親しみやすさと温かさを感じるデザインを

生み出しています。

 

デザイン一つで商品の印象が大きく変わります。

Helvetica Desighのパッケージデザインは、

どれも本当に温かみがあって手に取りたくなりますね。

 

地方デザインには温かさと独自性が豊富に詰まっています!

佐藤さんのインタビューや、商品完成までの流れなどはこちらから↓