GOETHE(ゲーテ)

【堀江貴文・解体新書】ホリエモンの1日の時間の使い方

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

ホリエモンこと堀江貴文氏は世の中から批判されようが、SNSで炎上しようが

自分を貫くことに一番の価値を見出し、世間に異を唱え続ける。

宇宙、ミュージカル、トライアスロンに和牛にと

心の赴くままに多動しまくり、そのすべてを仕事に変換していく。

 

今回はホリエモンの徹底取材の中から、1日の時間の使い方を紹介!

 

 

《AM 10:30》起床・身支度「起きて20分で出発」

宿泊している都内のラグジュアリーホテルで起床。

支度をして、食事も摂らないままに起きてからわずか20分で

マネージャーが待つ駐車場に出向き、クルマに乗る。

 

《AM 11:00》ゴルフレッスン「プロに習って効率学習」

起床からわずか30分後に「広尾ゴルフインパクト」に到着し

パーカー、スウェット、スニーカーの格好できたので着替えをせずに

そのままスイングの練習に。

 

《PM 0:15》昼食「リストのなかから即座にチョイス」

恵比寿のシンガポール料理店「海南鶏飯食堂2」へ。

キュレーターが集めた情報リストのなかから場所やシチュエーションによって

“早くて美味しい食事”を選択。

 

《PM 1:00》YouTubeホリエモンチャンネル生放送&収録「リハーサルなしで即刻スタンバイ!」

元麻布のシェアオフィスに到着後、間髪入れずにYouTube「ホリエモンチャンネル」収録開始。

ゲストは乙武洋匡さん。

視聴者からの問いにも一言でシンプルに回答。

 

《PM 2:30》TERIYAKI株主会議&打ち合わせ「ミーティングは必要最小限に」

会議スペースに徒歩で移動して、

自らが出資するグルメアプリ「TERIYAKI」の株主会議に出席。

続いてWEBエンジニアとの打ち合わせにも参加。

ビジネスのやりとりは基本的にSNSで済ませることが多いですが、

重要な案件は対面でしっかりと。

 

この続きは本誌でご覧ください!

 

堀江氏の移動時によく使うアプリや、

生活の様々な時に役立つアプリなども紹介されています。

 

他特集では

・堀江貴文のトリセツ

・堀江貴文、宇宙の旅

・現代版ノマドを実践するホリエモン的LIFE

・ホリエモン流投資、正しい投資は自己投資

 

など、大特集を掲載しています。

記事の有効期限: 2020年7月3日 Friday