SPA!(スパ)

【日本版FIREを徹底研究!】

セミリタイア・労働に縛られない生き方とは?

 

今、労働に縛られず自由な生活を夢見る人が増えています。

欧米を中心に世界的流行を見せる『FIRE』理論は、

《節約し、カネを貯め、そのカネを投資に回し、カネにカネを稼いでもらい早期リタイアする》

というもの。

果たして我々日本人にこれが可能なのでしょうか?

 


 

フィリピン屈指のリゾートを構え、優雅にトロピカルジュースを傾けているのは

アキラさん、46歳。

2019年にサラリーマン生活に別れを告げ、資産5000万円を携えて

家族4人で南の国へ完全移住し、セミリタイア生活を満喫中。

 

とはいえ、現役時代の彼は、飛び抜けて高給取りだったわけではないそうです。

「部品を扱う中小の製造業勤めで、年収は450万円程度。20歳後半から会社員生活が合わないと感じるようになり、資産をつくって早期退職する、今話題の『FIRE』の準備に入ったのは32歳のとき。アメリカ駐在中だったので米国株のインデックス投資を始めました」

 

その1年後にリーマンショックの大暴落を目の当たりにして心が折れかけたそうですが、

目をつぶって毎月10万ずつ、夏冬のボーナス時には20万円を上乗せして、

コツコツ買い続けたそう。

 

「これがすごくツイてました。一時はダウ平均が7000ドル台まで落ち込み、暴落前の水準に戻るまで4年かかってますからね。安い時期に買い続けたことで、その後の株価上昇局面で大きく資産を増やせました」

 

アキラさんがフィリピンを選んだのは、生活費の安さが最大のポイントだといいます。

お子さんのことを考えた結果、公教育を英語で実施しているのも選んだ一つの理由。

 


FIREってなに?


 

FIREとは、『Financial Independence(経済的自立)』と

『Retire Early(早期リタイア)』の頭文字を取ったもの。

 

仕事に生きがいを求めず、あくまでも稼ぐ手段と割り切る。

そして支出を可能な限り抑えることで資産を形成して定年後に経済的自立を達成し、

その後の人生で自分の好きなことをしようとする生き方。

 

FIREに必要なものとして以下の3点が挙げられます。

(1)支出を抑える

(2)収入を増やす

(3)資産を運用する

 

欧米版のFIREと日本版のFIREでは、

物価や賃金の違いから月々のやりくりに違いがあるそう。

その解説は本誌にてお読みいただけます。

【I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021】

現在Fujisan.co.jpでは、定期購読のキャンペーンを行っています!

・定期購読1000円割引ギフト券

・月額払い、年間購読が最大50%割引

などなど450誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです!

キャンペーン期間は2021年5月31日まで!

お好きな雑誌をぜひ定期購読してみてください♪

キャンペーンの詳細ページはこちらから!