PRESIDENT(プレジデント)

【1日でぜんぶ学べる、成功者の教えベストセラー】

ソニー・平井一夫氏の一冊

 

コロナ禍で遠出しにくい今こそ、本を読む絶好のチャンス!

PRESIDENTでは、古音東西の名著100冊を各界トップが厳選して紹介しています。

 

今回はその中からソニー社長兼CEOから会長職、そして現在シニアアドバイザーとなった

平井一夫氏の一冊を紹介します。

 


ソニー・平井一夫氏の一冊『人を動かす』D・カーネギー著


 

 

「『人を動かす』は私のリーダー観やマネジメント手法、対人関係の築き方に至るまで

大きな影響を与えた一冊です」

 

この本と初めて出合ったのは中学生のころだといいます。

 

「父の書棚にあった『HOW TO WIN FRIENDS AND INFLUENCE PEOPLE』という

やや上から目線の英語版タイトルが目を引き、手に取りました」

 

今から80年以上前に書かれた自己啓発書ですが、

メッセージは時代を超えた普遍性のあるものばかりで、

人間関係の本質を突いていると感じたそうです。

 


印象に残っている一節


 

平井氏の印象に残っている一節は、

『人は写真を見るとき、真っ先に自分の顔を探す』というものだったそう。

 

だれでも最も関心があるのは自分自身なのだ、

という人間の真理が卑近な例で表現されていて、衝撃を受けたといいます。

 

中学生時代の平井氏はコミュニケーションをとるのが苦手で友達づくりに悩んでいて

『これからの人生はどうするんだ』という危機感すら感じていたそうです。

そこで、『人を動かす』から学んだことを実践に移してみました。

 

自分の主張はさておき、とにかく相手の話を聞くように。

「週末は何したの」「夏休みの予定は」というように

相手への関心を示すようにしたそうです。

 

中学生で人間関係に悩んでいた平井氏を救い、さらにはビジネスシーンでも

多くの恩恵に与ることができたと言います。

 


 

平沢氏にとってビジネスシーンで役に立った瞬間や、大切に感じたことは

こちらから記事の続きでお読みいただけます。