週刊東洋経済

ハエと一緒に苦節20年!

環境を救う、有機廃棄物を分解する新技術!

 

ベンチャーの株式会社ムスカは

『ムスカ・ドメスティカ』というハエを利用した

有機廃棄物を堆肥にする技術を開発しました。

 

まず、ムスカ・ドメスティカは

生ゴミや動物の排泄物に群がるあのハエのこと。

 

ムスカが実現しようとしているのは、

環境負荷が小さく、コストの安い有機廃棄物のバイオマス処理。

現在、日本では家畜の排泄物や食品残渣(食品ゴミ)などの

有機廃棄物が年間1億トン発生しているそう。

 

その処理法の1つとして有機廃棄物を堆肥にしているのですが

有機物が分解され堆肥になるまでに2〜3ヶ月かかるそうです。

しかし、ムスカのイエバエの幼虫はそれを1週間で食べ尽くすとのこと。

 

さらにそのふんが肥料になり、幼虫を乾燥させると飼料にもなります。

 

こちらの技術はベンチャーを対象にしたビジネスコンテストで

立て続けに上位に入賞しました。

 

ハエを使った、環境に優しくコストも低い、最高の新技術。

ムスカ創業者の串間充崇氏にインタビューを行っています。