ESSE(エッセ)

パートも、フルタイムも、副業も!私たちの『働き方』最前線!

 

働き方改革が進み、主婦の仕事も多様化しています。

パートに限らず、在宅ワークや副業も視野に入れた、

これからの働き方のヒントと最新のお仕事事情について、ESSEで紹介されています。

 


 

サービス業の雇用が激減した今、求人市場は『在宅』『隙間』でできる仕事が活況だそう。

 

しゅふJOB総研の川上敬太郎さんは

「主婦の家事スキルやコミュニケーション力がたくさん生かせる場もたくさんあります」

と話します。

 

クラスドリンクスの井上亮さんは

「在宅×納品方の仕事は育児中でも働きやすい形」

と言い、時給や休日、通勤といった従来の条件にこだわらず、

幅広い目線で探すと意外な適職が見つかるかもしれません。

 


ESSE読者の働き方


 

現在の職業は?

・専業主婦…32%

・パートタイム…30%

・フルタイム…29%

・その他…9%

 

かつては専業主婦が中心だったESSE読者も、令和になると共働きが主流になりました。

半数以上の人がなんらかの仕事をもつ時代になり、フルタイムで働く人も3割近くいます。

 

現在働いていない人はこれからどう働きたい?

・パートタイム…68%

・フルタイム…16%

・働く予定なし…15%

 

現在は専業主婦と答えた人のほとんどに、働きたい願望がありました。

「コロナ禍でパートがなくなった」

「夫の残業代が減った」などの理由で家計を助けたいと感じています。

 

毎月、あとどれくらい家計を増やしたい?

・4~5万…33%

・5~10万…29%

・10万以上…20%

・3万以下…15%

 

プチ稼ぎより、扶養控除の範囲内でできるだけ多くの稼ぎを求めている人が多数。

コロナ禍以前より、経済的な切実感が増していることがうかがえます。

 


 

これから仕事に就くにも、「資格をもっていない」、

「できたら在宅で働きたい」「自分のアピールポイントがわからない」など

いろんな困りごとや不安がある方もたくさんいるようです。

本誌では、そんな不安を少しでも取り除く方法が紹介されています。

こちらからお読みいただけます。