PRESIDENT(プレジデント)

ビル・ゲイツ「個人の能力を『最大化』する7つの方法」

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

マイクロソフトの共同創業者で世界有数の大富豪であるビル・ゲイツ。

彼が成功できた背景には「自身の能力を最大化」させる7つの”要因”があります。

それらを取り入れることで、私たちも成長することが可能だとプレジデントでは紹介しています。

 


 

ここでは、本誌で紹介されている、『天才と一般人を分ける思考の”差”』を紹介します。

 

ビル・ゲイツは物事はいい方向へ進んでおり、

「知」と「技術」が後押しをすると考える『発想』があります。

一般人は「できない理由」を探し、リスク回避が先に立ってチャレンジできない『発想』です。

 

そして読書は自ら進んで「問い」を持ちながら幅広いジャンルを楽しむのがビル・ゲイツ。

一般人は必要に駆られて、あるいは単純な答えだけを求めて漠然と本を読みます。

 

仕事ではビル・ゲイツは完璧さよりも速さを重視し、フィードバックを活かして前進しますが

最初から完璧にやろうとしすぎて、かえって身動きが取れない状態に。

 

彼は両親から「ハッピーボーイ」と呼ばれるくらい、

いつも笑顔を絶やさず「生来の楽観主義」だったと自ら語るほど

物事を前向きに捉えて進めていきます。

 


 

本誌ではビル・ゲイツの「自身の能力を最大化」させる7つの”要因”を細かく解説。

(1)「どうすればできるか」にしか興味がない、将来を悲観しない

(2)集中力と勝負へのあくなき欲求

(3)質問力

(4)読書

(5)深刻な問題も「知」と「技術」で解決できるという信念

(6)失敗にこそ価値を見出す

(7)フィードバック

 

解説はこちらからお読みいただけます。

記事の有効期限: 2020年11月12日 Thursday