週刊東洋経済

マーケティングの最強兵器

『YouTubeが分析する20億人ユーザー』

 

月間ユーザー数20億人、1日当たりの視聴は10億時間、投稿動画の量は毎分500時間!

膨大な数のユーザーと動画を抱え、今やメディアとして世界最大の規模を誇るのが

米グーグル傘下の動画共有プラットフォーム「 #YouTube 」。

 

2005年、米決済大手ペイパルの出身者3人が共同で創業し、

徐々に存在が知れ渡るにつれテレビ番組やミュージックビデオなどの動画が投稿されるように。

 

そして2006年11月、自社の動画サービスが伸び悩んでいたグーグルが

約16億ドル(当時のレートで約2000億円)で買収しました。

投稿動画の著作権侵害を訴えたメディアやレコード会社とはライセンス契約を集結。

グーグルの広告事業と一体となって広告主を開拓し、ネットの動画広告の成長を牽引しました。

 


YouTubeユーザーの視聴動機


 

今や、動画投稿で稼ぐ「ユーチューバー」も立派な職業となっています。

YouTubeが分析したユーザーの視聴動機は、

身近な娯楽…メイク動画やゲーム実況など

暇を豊かに…ペットやアニメ、お笑い、楽器の演奏など

プチ挑戦…英会話や日曜大工、フィットネス、料理などのノウハウ

「好き」がある……流行にかかわらず好きな人やものにハマる

真実の追求…時々、スポーツ、ガジェット、旅行などの解説動画

などがあります。

 


YouTubeの人気視聴ジャンル


 

 

1位 アーティスト・音楽家のライブや楽曲

2位 クリエーター動画(いわゆるユーチューバー動画)

3位 お笑い・ドッキリなどのバラエティ

 

人気視聴ジャンルの1番人気は、

アーティスト・音楽家などのライブ映像や楽曲など音楽だそうです。

アーティストも公式でミュージックビデオなどを公開していますよね。

 


 

また2020年の今年は、コロナ禍により著名人が続々とチャンネルを開設しています。

今までYouTubeを触れてこなかった人たちも、ユーザーとなっていきそうです。

 

本誌ではYouTubeのユーザー解析、収益源、今後の見通しなどさまざまな視点で解説しています。

もう時代は動画中心!

記事はこちらからお読みいただけます。