Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

日本発『世界を変える30歳未満』30人!

スケートボーダー・開心那、13歳

 

フォーブスジャパンの毎年の特集、日本から世界を変える『30 UNDER 30』

今年の受賞者には、困難な時代にあっても社会課題や自らの境遇に向き合い、

変革を信じて行動する挑戦者たちが選ばれました。

 

今回は、最年少の中学生オリンピアン、スケートボーダーの開心那さんをピックアップします。

 


「10年以内にアメリカにパーク付きの家を建てる」と夢を掲げる13歳の強さと魅力


 

 

日本人最年少メダリストを飾り立てる言葉は数多くありますが、

開心那さんの強さは、練習場でも世界レベルの大きな舞台でも

スケートボードを純粋に楽しめることにあります。

 

5歳からスケートボードを始め、同じスクールの年長者を見て、追いつきたいと思った、

後に出場する大会で外国人選手を見て、同じ場所に立ちたいと感じた、

それからの目標は『かっこいいスケートボーダーになる』こと。

銀メダル獲得直後にも言葉にした、ぶれない指針です。

 

・自分を奮起させるためにやることは?

インスタグラムやユーチューブでかっこいいスケートボードのビデオを見て、自分がメイクしたときを想像すること。アメリカにはスケートパークがたくさんあるので、コロナ禍が明けたら、まだ行けていないパークをいろいろ回りたいと思っています。大会には出場をしていなかっこいいスケートボーダーもたくさんいるので、直接見てみたいです」

 

・一番の挫折は?どう立ち直った?

「2年前のけが。東京五輪の日本代表を決める大会の1~2ヶ月前に腕を骨折してしまったのですが、モチベーションが下がらないように、家族と釣りに行ったり、旭川に花火を見に行ったり普段やらないことをやってみました。それまでは日本にいても練習が中心の生活だったので、経験したことのないことをたくさんすることで、気持ちも持ち直すことができました

 

・10年前の自分にアドバイスをするなら

『もうちょっと運動しなさい』。運動神経が悪くて、鉄棒は全然できないし、自転車は少ししか乗れません。最近練習をして縄跳びは二重跳びができるようになりましたが、スケートボード以外の運動は苦手なものが多いんです」

 

・オフの時間は何をしている?

「いまは『ザ・ランド・オブ・ストーリーズ』(全米ベストセラーの冒険ファンタジーシリーズ)を読んでいます。ものづくりも好きで、オリンピック直前の合宿中にジャパンチームコーチに教わったミサンガを作っています」

 

・開心那にとって『成功』とは?

成長すること。大会で一番になれたらうれしいし、サポートしてくれているみんなが喜んでくれるのもうれしい。かっこいいスケートボーダーになって、自分のシグネチャーモデルを出せたときは成功かな」

 

・10年以内に実現したい目標は?

アメリカにパーク付きの家を建てる。好きなときに好きなだけ滑れる生活をしたいです」

 


 

審査にあたったアドバイザリーボードの一人、IMG Japan代表の菊池広哉さんは

『村上春樹作品の登場人物のような”自由さ”を感じる』とコメント。

13歳、これからまだまだ期待が膨らんでいきます。

 

本誌では他の30名についてもインタビュー記事をお読みいただけます。

アクティビスト、ゲーマー、環境活動家、レーシングドライバー、モデルなど

さまざまなジャンルから素晴らしいUNDER 30の方々が紹介されています。

 

『I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021』

いまならさらにお得。はじめよう、定期購読!

ただいま、Fujisan.co.jpでは定期購読が最大で50%OFF!

割引やプレゼント付きなど、500誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

 

キャンペーン期間:2021年9月15日~2021年11月30日

 

ぜひこちらから詳しいキャンペーン内容をご覧ください!