WEDGE(ウェッジ)

漂流する部長課長

『働きたいシニア、手放したい企業』

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

就業者の5人に1人は60歳以上のシニアだそうです。

内閣府の調査では、現在仕事をしている高齢者の約4割が

「働けるうちはいつまでも」働きたいと回答したそうです。

 

「生涯現役社会」の到来を感じさせる結果ですが

企業側にシニアを受け入れる体力がなければ実現しないでしょう。

 

そんななか、40、50代の転職市場が活発で、

リクルートキャリアによると転職決定者は10年前の4,5倍となり

全体の決定者の伸びを上回っています。

 

WEDGEでは将来に危機感のある40、50代の企業に勤める

ホワイトカラーの役職者たちをピックアップしています。

 


 

 

「65歳で独立したいなら、50代のうちから準備すべし!」

という講師の厳しい言葉に、

自らのキャリアプランを発表した男性の表情は

みるみるこわばっていく……。

 

将来に不安を覚え、自らの意志で今後のキャリアを考える

「知名塾」には、世間的には順調に出世していそうな

30〜50代の人々が来ています。

 

会社員対象、キャリア形成のためのセミナーで

受講料は4日間で3万5000円、土曜日を中心に開催されているそうです。

 

講師の意見を聞き、周りの参加者たちも意見を交わし、

自分の未来予想図をより良くするためにみなさん真剣です。

 


定年後も活躍したいサラリーマンが日々心がけるべき三か条


 

(1)今から履歴書を書く!

(2)企業のリソースを使う!

(3)飲み代を自己投資に回す!

 

シニアになっても不安ばかり降り注ぐのはいやですね。

自分で自分の道を切り開いていきたいですね。

 

詳しい内容は本誌をご覧ください!

 

記事の有効期限: 2019年11月25日 Monday