40代には色のチカラが必要だ!【人生をもっと彩る秘訣】

STORY(ストーリィ)

情熱的な赤

冷静沈着な青

癒しの緑

元気な黄

 

色にはそれぞれのイメージというものがあります。

それは決して印象だけのものではありません。

色には人の気持ちさえ変えてしまうチカラがあるのです。

 

お受験、卒入、再就職などなど──

バタバタと忙しい時期を乗り越え、やっとホッと一息つけた。

そんなやっと長いトンネルを抜けた40代の方々にお届けしたい色のチカラ!

 

黒や白、グレー、ベージュ。

ベーシックカラー主体の装いを続けていた方々からは「今さら派手にするのは恥ずかしい」なんて意見もあるかもしれません。

けれどもやっと自分に向き合える時間ですもの、色のチカラを大いに活用して、人生に更なる彩を添えてみませんか?

 


40代には色のチカラが必要だ


色の効果はサプリやクスリと同等!?

「それってちょっと言いすぎじゃないの」なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで本誌では、色のチカラを活用しているモデル稲沢朋子さんと5名の読者さんにお話をお聞きしました。

 

PINK


女子力UPに必須のピンクは、私にとってはLOVEをイメージさせる色。

身に着けると同時にハッピーオーラを纏い、周囲まで幸せで包み込んでしまう、そんな力をもらえる気がするんです。

(モデル・稲沢朋子さん)

 

BLUE


ブルーのプルオーバーはセカンドOLデビューを果たした私にとってお守り的ワードロープ。

(金融関連会社勤務・宮内明美さん)

 

RED


赤を着ると元気になれるし気持ちが引き締まるから、年々頼ることが増えている気がします(笑)。

(主婦・新田三千代さん)

 

 

色に関する有名な実験があります。

被験者に目隠しをして、「赤い部屋」「青い部屋」に順番に入ってもらいます。

それぞれの部屋は机、椅子、カーテン、壁、床もすべて統一されて一色。

すると、目が見えない状態にもかかわらず、「青い部屋」に比べて「赤い部屋」では心拍数は増加、血液・体温も上昇しました。

つまり色を身に着けることで、見た目以上の影響があるということなのです!

 

今日からパワフルでカラフルな自分をつくっていきましょう!

それぞれの色の活用方法は本誌でチェック◎

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。