マンガの神様・手塚治虫の仕事「アニメと戦争体験が、作品創作の原点だった」

  • 更新日


Pen+(ペンプラス)

マンガの神様・手塚治虫の仕事

「アニメと戦争体験が、作品創作の原点だった」

 
漫画家・手塚治虫。
『鉄腕アトム』『火の鳥』『ブラック・ジャック』など
誰もが知っている作品を生み出し、没後30年経っても
彼の作品は新しい発見を与えてくれます。
 
手塚治虫が最初のマンガを描いたのはわずか8歳のとき。
兵庫県宝塚市で家族と暮らしていた手塚は、
昆虫採集や母親に連れられて行った宝塚少女歌劇に夢中だったそうです。
また、「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションに影響を受けていました。
 

 
手塚が中学生の時、学校に軍人がやってきて、
学生を鍛える軍事教練に苦しめられ、
戦場に送られた男たちの代わりに働いていた軍需工場では
アメリカの爆撃に遭うも九死に一生を得ました。
 
1945年、焼け残った映画館で手塚は
瀬尾光世監督の長編アニメ『桃太郎 海の神兵』を観ました。
そして
「どんなに苦労したって、おれの漫画映画をつくって、
この感激を子どもたちに伝えてやる」
と心に誓ったそうです。
 
その後アメリカ映画が上映されるようになり、
ディズニーの初の長編『白雪姫』は50回、
『バンビ』は80回以上も観たそうです。
それは「おれの漫画映画」をつくるための勉強だったそうです。
 


 
手塚治虫の漫画家になるまで、漫画の特徴、描き方などの特集が掲載されています。
 
私も小さな頃から、アトムやブラックジャックを観たり読んだりしました。
今この時代にも必要な内容ですよね。
これから令和を生きる子どもたちへ伝えたいことがたくさん描いてある気がします。
 
つづきはこちらからどうぞ!