モノを持たない暮らし「死んでも床にモノを置かない。」を実践してみた

  • 更新日


With(ウィズ)

モノを持たない暮らし

「死んでも床にモノを置かない。」を実践してみた

 
With調べによると、働く女子の部屋に対する悩みの1位は
「服やモノが部屋にあふれている」です。
そしておうちじかんが増えたことで、家の中のモノを見直す人たちが増え、
家の中で心地よい時間を得るために整理整頓が注目されました。
 
今回、整理整頓コンサルタントの須藤昌子さん著書の「死んでも床にモノを置かない。」から
床にモノを置かないための5つのルールを紹介します!
 


 
(1)部屋はキレイにするのではなく、”整える”ことを意識!
目指すべきは、快適に過ごせる”整った”おうち。
まずは、そのことを意識することから始めましょう!
 
部屋が整っているとなんだか気分もいいですよね。
まずは自分の理想の部屋を想像することも大事そうです。
 
(2)1つ買ったら、1つ手放す!
「これを買ったらどれを捨てよう?」を習慣化すれば、自然と”買うこと”に慎重になれるはず。
また”捨てること”にも慣れていくので、要らないモノに気づくようになっていきます。
 
私は1つ買ったら、1つ、もしくは2つ捨てると決めています!
そうすることでこれから買おうとしていたものと
捨てようか悩むものの必要性もしっかり考えるようになりました。
 
(3)買うときは、先に置き場所を考える
床にモノを置いてしまう最大の理由は、それらの置き場所がきちんと決まっていないから。
「置く場所がないなら、買わない」と決めること。ムダなモノが増えていきません。
 
ストックのモノを増やすときも、置き場所を考えるとよさそうですね。
あまりにもストックが多すぎるのも、片付かない理由になりそうです。
オシャレが好きな方は、かばんや靴なども同様ですね。
 
(4)24時間以上、モノを放置しない
床にモノが増えていくもう一つの大きな理由は、後回しの積み重ね。
ちょい置きが定着すると、散らかりへと変化。
また、放置されてしまうモノ=本当に必要なモノ?
置きっぱなしが多い人は、買い方を見直す必要も。
 
1日のうち10分から15分でも床チェックや、整理整頓時間を設けていくと
イレギュラーに置かれたモノに気づくかもしれませんね!
 
(5)モノの置き場所は、生活導線を優先して考える
行動する場所に、必要なものを置くのも大切。
いくらキレイに片付けても、使いにくければ散らかるだけ。
理想の状態はキープできません。
 
使うモノをいちいち違う場所から持ってきていたら面倒ですね。
導線を考えて、収納や設置を考えるといいですね!
 


 
本誌では、Withの編集部の方のお部屋を実際に片付け!
「床にモノを置かない」生活づくりをしています。
 
自分の部屋の見直す部分もたくさんでてきます。
お部屋を整理したい方はぜひ本誌をご覧ください!