作家・川上未映子さんと考える、新しい時代の"人としての美しさ"

  • 更新日

LEE(リー)

作家・川上未映子さんと考える、

新しい時代の”人としての美しさ”

  作家の川上未映子さんは2007年小説『わたくし率 イン 歯ー、または世界』でデビューし、 2008年には『乳と卵』で芥川賞のほか、数々の受賞作品を生み出しています。 そんな川上さんの考える、現代の美しさの本質とは…。  
「美しさも人生の素晴らしさもあなたのなかにある。」
  川上未映子さんはこう言います。   「社会にはさまざまな価値観があります。理想があります。母として、妻として、女性として。どれも魅力的だし、焦るし気になる。けれど、すでに謳われている価値に自分をあてはめていく必要なんて、本当はないんです」   自分は本当に何が好きで、何がしたいのかを考え、 何が心地良くて、何があなたを苦しめるのかを知り、 自分の目利きになるための知性を磨くことが大事。  
『変化の基準を自らの内側にたくさん作れれば、年齢を重ねるのが楽しくなる』
  また、美容や人物インタビューを中心に活動している美容エディターの松本千登世さんは 川上さんに出会って、自身の中に化学変化が起きたと言います。 「川上さんは無意識のうちに常識やルールになっていたことに対して、言葉を通じて『それって本当?』とまっすぐに問いかけてくれる人。揺らいだり固まったりしていた価値観を”チューニング”して、”スタビライズ”してくれる人。   「人が決めた価値観に乗るのは、34歳まで。何ができて、何ができてないのか、自分時敏がわかってくる今、自由になるのは今なんです」   松本さんは、川上さんに背中を押され、一歩踏み出したいと思っているそうです。  
    本誌では、川上さんが一問一答にも回答しています。   ・おばさんってなんだろう? ・美容整形、気になります ・私はもう恋愛できないの?   女性たちの誰に聞けばいいのかわからない質問まで しっかりと答えてくれています。 ふと、自分の美しさに迷子になったとき読むと元気がもらえる記事です。 ]]>