SPA!(スパ)

《コロナ禍での海外旅行!?》

アメリカに『ワクチンツアー』行ってみた

 

SPA!の『やってみた』企画では”ロマンス詐欺VS記者”、”昆虫食で3日間生活”、”富士山でテレワーク”などなど

いろんな挑戦企画が行われていますが、その中でも

『アメリカに”ワクチンツアー”行ってみた』という企画の一部を紹介します!

 


アメリカに『ワクチンツアー』行ってみた


 

一時期話題になったという、アメリカの『コロナワクチン摂取ツアー』

ツアー会社が主催しているツアーに申し込めば、ワクチンを打って、

しかもコロナ禍で夢のまた夢となった海外旅行まで満喫できるのでは…と挑戦した記者がいました。

 

打つワクチンはジョンソン&ジョンソン社のもので、1回の摂取で済むとのこと。

しかも、アメリカに到着さえすれば、送迎、ワクチン摂取の申し込みまでツアー会社がサポート

現地では細かく日本人スタッフが面倒を見てくれるそうです。

英語ができなくても、対応してもらえるんですね。

 

記者の方は3泊5日でアメリカ・ロサンゼルスに体験しに行きました。

 


渡航費26万円、ツアー費38万円。その価値はあるのでしょうか?


 

このツアーは土日を挟むとワクチンが打てないそうで、平日限定のものだそう。

記者の方は、日本を月曜日18時すぎに出て、ロサンゼルスに同日12時頃に到着。

往復航空券は、スカイスキャナーで最安値を探し出し、往復26万8000円。

ツアー料金は、ワクチン摂取代、現地のアテンド代、ホテル代、朝食代、送迎代込みで38万円。

合わせて64万8000…高いか、安いか、どう捉えますか?

 

ですが、これだけで出発できるほどコロナ禍の海外旅行は甘くないそうです。

パスポートとアメリカの渡航認証許可申請ESTAのほかに、

出国時刻前72時間以内のPCR検査陰性証明書が必要となります。

都内のクリニックでPCR検査を受診して、料金は2万2000円。

 

全部で70万円を超えています。

 


ロサンゼルスではマスクをしている人は1割程度


 

無事に約10時間のフライトを経て、ロサンゼルス国際空港に到着した記者。

1時間ほど入国審査に並び、PCR検査陰性証明書を渡してようやく現地のツアーガイド(日本人)と合流しました。

 

空港ではみんなマスクをしていますが、空港を一歩出ると、みんなおもむろにマスクを外し、

街中でマスクをしている人は1割程度だったそう。

ツアーガイドによると

「ロスは早くコロナ前の日常に戻そうという州政府の方針があって、マスクのルールは撤廃されたんです。ただ、変異株がはやってきたせいで、飲食店やショッピングモールなどの屋内ではマスクを着用するルールが先週から適用されましたね」

 


 

ワクチン接種が進んでいるロスではマスクを着用する人も少ないんですね。

なかなか70万円以上払ってアメリカにワクチンを打ちにいく日本人は少ないと思いますが、

実際にワクチンを打つ際のレポートはこちらからお読みいただけます!