PRESIDENT(プレジデント)

《口の中チェック》すぐわかる長生きする人、早死する人

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

口臭の発生源は何かご存知ですか?

 

イープレスクリニック心斎橋院長の本田俊一先生によると

口臭には、健康な人も起こす「生理的口臭」

病気の症状として常に相手を不快にする「病的口臭」があって

実はその両方をほとんどの人が持っているとのこと。

 

先生は「口臭を調べると、その人の生活を知ることができる」と言います。

 

そして口臭は『唾液』から揮発しているそうです。

口臭の発生は川のにおいとよく似ており、透明で美しい川は臭いません。

ですが、道頓堀川のような汚れた川でも流れが速いときは臭いません。

同じように、唾液の質と新鮮な唾液の絶え間ない流れが

口臭を起こさないための重要な鍵となります。

 

唾液の質の低下は、口や喉や鼻などからの血液や膿と、

飲食や喫煙などに伴う舌の上の汚れが原因。

唾液の流れが口臭に影響を及ぼします。

 

また、唾液だけが原因なのではなく、お酒や食事で臭う口臭、

ストレスによる口臭、舌と唾液の機能がうまく流れず起こる口臭、

病気による口臭、無理なダイエットによる口臭などもあります。

 

口臭とは、『心身の発するSOS』だということです。

 

自分の口臭が気になって仕方ない方や、

自分では気づいていなかったけれど指摘を受けたことがある方は

一度、口臭専門のクリニックに相談するのがいいかもしれません。

 


 

 

また、本誌別ページでは、デヴィ夫人が歯磨きについて話しています。

デヴィ夫人は80歳になった現在でも、28本すべての歯がご自身のもので、虫歯もまったくないそうです。

「日本人は、歯に対する意識が低いのではないかしら」と話します。

 

海外では、歯はその人のパーソナリティそのものとされており、

著名な人ほどきちんと治療を済ませ、歯が美しくない状態で人前に出ることはまずあり得ないとのこと。

虫歯や歯周病になってから、「治療」のために歯医者さんに行くのは遅い、と言います。

 

夫人は22歳の結婚した頃からの丁寧な歯磨きと、

磨き方に合わせた歯ブラシの選び方、そして歯医者に通うことで

歯の健康をしっかりと守っています。

 

長生きをしている方はみんな歯がきれい、

また、歯がきちんと噛み合っているかどうかで姿勢や歩き方、

靴の減り方、疲れ方、体格まで変わってくる、

だから元気に長生きしたいと思ったら歯を大切にしなくてはいけません、

と夫人は話すのでした。

 

体の健康は、口臭や歯の健康がつながっているそうです。

本誌ではいろんな視点での”歯”や口内についてを記事にまとめています。

こちらから全てお読みいただけます!

記事の有効期限: 2020年7月21日 Tuesday