週刊女性セブン

《子宮頸がん検診は絶対!》

女性名医11人が自分で受けている検診・検査!

 

病院での検診や検査は種類が多く、

人間ドックを受ける際には数万も飛んでいくことは普通。

 

すすめられるがままに、検診を受けていると

その種類は膨大になり、費用もかさんでしまいます。

       産婦人科医 高橋怜奈先生

 

検診や検査の費用は、健康保険証が使えない自費扱いとなり

値段を自由に決められるので、

お金稼ぎに使われることもあるという。

 

そこで、女性名医たちが本当に自ら受けている検診・検査を調査!

 

 

高橋怜奈先生の場合

・法定検診

勤務先病院で年に1度

 

・子宮頸がん検診

年齢に関わらず発症リスクのある病気なので毎年受ける

 

・経膣超音波検査

がんや腫瘍、筋腫もわかるので、毎年受けている。

 

・乳がん検査(マンモグラフィー)

・乳がん検査(超音波検査)

30代になってから毎年2種類どちらも受けることを決めている。

 

・クラミジア検査

パートナーがいるときは受けるようにしている。

 

以上は、確実に受けると決めている検診・検査だそうです。

 

このように産婦人科以外にも、内科・眼科・形成外科など

様々な科の女性名医たちが受ける検診・検査について

詳しく答えています。

 

検査をして損することは絶対にありませんね。

いつまでも健康に生きていくために、

最先端技術と先生に頼って受けてみましょう!

ぜひ検診・検査を受ける参考にしてみてください!