AERA(アエラ)

《庄司智春インタビュー》新型コロナのリアル

 

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言か約9ヶ月。

いまだ収束の兆しが見えない現在ですが、私たちはどう備えるべきなのでしょうか。

今回はAERAとフコク生命による特別広告企画で、

お笑い芸人・品川庄司の庄司智春さんへのインタビューをピックアップ。

 

庄司さんは2020年8月に新型コロナウイルスに感染し入院しました。

現在は仕事にも復帰し、日課の筋トレができるまでに「99%は回復した」と話します。

コロナ罹患はまるで「突然、映画の中に入ってしまったような衝撃の体験」だったそうです。

 


 

最初の症状は、胸に響くような、あやしい咳が少し出ていたそうです。

庄司さんの平熱は36.8度前後ですが、このとき体温を測ると37.5度でした。

その日から2階の自室へこもり、家族とは完全隔離の生活を始めるように。

 

38度を超えた体温をみて、すぐ保健所に電話をして症状を伝え、PCR検査をすることに。

自宅で待機している間は入浴もせず、着衣やゴミは妻が用意してくれた色付きのビニール袋に密閉。

家族との連絡も電話やメールのみにしていました。

 

「それでもやっぱり家族の顔が見たくなって。マスクにフェイスシールドで完全武装して、

部屋の隅と隅で距離を置きながら話しました」

少しだけでも顔を合わせられたのが、何よりの救いだったそうです。

 


症状よりも心理面がつらい


 

 

症状もつらかったですが、どちらかというとメンタルのほうをやられた、と話す庄司さん。

「仕事仲間に迷惑をかけている心苦しさ。生活が一変してしまった家族にもごめんなさい。コロナ罹患を公表したとき、その前に僕と接触した人に『私、大丈夫かな』と思わせちゃったよな、不安にさせて申し訳ない…。考えるほどにつらくなりました」

 

コロナの症状自体は5日で収まったものの、

その後も血中濃度の低下や血栓ができやすい状況が見られ、安心はできなかったそうです。

ようやく2週間後のPCR検査で2度目の陰性となり、晴れて退院。

しかし、その後も体力面でもメンタル面でも”へこむ時期”は続いたと言います。

 

「退院後も肺の痛みでうずくまってしまうことがあったので、再度CTスキャンをとりました。強い咳をしたことで肺に炎症が出ていたようです。痛みは長引きました」

 


コロナはただの風邪ではない


 

庄司さんにはSNSを通じて「ただの風邪でしょ」など心ないコメントも届きました。

「僕だって『ただの風邪』で終わってほしかった。でもコロナは絶対に『ただの風邪』じゃありません。PCRの検査の結果を待っている間も、治療中も、退院した後も、体とともに心まで元気がなくなります。自分のことだけど自分のことじゃない病気。それが僕にとってのコロナです」

 

家族や職場など、関わる人が多いほどメンタルの面でつらくなってしまうんですね。

コロナにかかった方や家族などの心のケアも必要に感じました。

何よりも、早く収束につなげるために、一人一人の心がけで感染拡大を抑えていきたいですね。

 

庄司さんのインタビュー、そして医療従事者の方のインタビューも掲載されています。

こちらからお読みいただけます。